デイリースポーツがドラフト特集、宮本丈選手、鈴木康平投手、宮台康平投手を特集

デイリースポーツは24日、ドラフト特集を掲載している。高校、大学、社会人のドラフト候補者リストの他、各球団の狙いなどを掲載している。

ドラフト候補特集

ドラフト候補のリストでは、高校生では清宮幸太郎選手と中村奨成選手を特Aとし、青藍泰斗の石川翔投手と履正社の安田尚憲選手をA評価とした。

大学生では特Aはいないが、Aランクに仙台大・馬場皐輔投手、明治大・斉藤大将投手、亜細亜大・高橋遥人投手、中央大・鍬原拓也投手、立命館大・東克樹投手、岡山商大・近藤弘樹投手を、また内野手で奈良学園大の宮本丈選手を、外野手で慶応大の岩見雅紀選手をAランクとしている。

宮本丈選手については特集で取り上げ、11球団から調査書が届いておりドラフト上位候補としている。リーグでは3度の首位打者に輝き、リーグ通算100安打を達成、また3年時の大学野球選手権で、サヨナラ満塁ホームランを放った事を紹介している。宮本選手は誘いのあった社会人に断りを入れ、プロ一本で指名を待つ。

社会人では特AランクはJR東日本の田嶋大樹投手のみ、Aランクに日立製作所の鈴木康平投手、ヤマハの鈴木博志投手をあげている。独立リーグの候補も6人紹介しており、155キロ右腕の寺岡寛治投手などをBランクとしている。

特集では日立製作所の鈴木康平投手を取り上げている。鈴木投手は高校時代から速球が注目されたが、国際武道大時代にプロ志望届を提出したものの指名漏れとなった。そして日立製作所に入っても6月の都市対抗予選でベンチ外となり挫折を味わった。そこから立花龍司コーチの指導で体重が14kgも増え、最速151キロを記録する投手となった。

各球団の狙いについて

広島:野手、投手とも素材重視で将来を担う選手、即戦力投手の指名も

阪神:将来の4番候補と先発投手陣の補強、遊撃手や高校生捕手も

DeNA:将来の手法候補・清宮か、先発中継ぎの即戦力投手、二遊間も

巨人:野手中心の指名、中軸を担える選手にポスト坂本

中日:即戦力より全ポジションで次世代を担える選手、野手はスピード重視

ヤクルト:即戦力投手、打てる内野手も

ソフトバンク:右の大砲、先発左腕

西武:先発、リリーフ共に手薄、将来性のある高校生野手

楽天:和製大砲、本格派左腕

オリックス:1位は即戦力投手、2位以下は即戦力の二遊間、捕手は複数名指名したい

日本ハム:将来性ある野手、先発リリーフ問わず即戦力投手

ロッテ:バランス重視、将来の大砲候補と即戦力左腕

デイリースポーツのドラフト候補者のリストと評価は↓に掲載しています。
2017年のドラフト候補選手

26日運命のドラフト会議 デイリースポーツ紙面 2017/10/24

PAGE TOP