スポニチがドラフト特集、渡辺元智氏、善波達也氏、堀井哲也氏が選手を評価

スポーツニッポンは24日、ドラフト特集を掲載し、高校生、大学生、社会人のドラフト候補選手のリストを掲載している。高校生は横浜高校の渡辺前監督、大学生は明治大の善波監督、社会人はJR東日本の堀井監督が評価している。

高校生(渡辺前監督の注目選手)

真っ先に上がったのは秀岳館の田浦文丸投手で、左対左なら即戦力と評価。また星槎国際湘南の本田仁海投手と田中瑛人投手を本格派と評価した。野手では清宮、安田、中村の素質は間違いないとしている。

大学生(善波監督の評価)

侍ジャパンの監督だった事から、エースだった立命大の東克樹投手を真っ先に挙げ、高めの球で勝負でき、性格的にも浮き沈みがなく、きつい場面も楽しめるという。野手では4番を打った楠本泰史を評価、スタッフの言う事を真面目に聞く姿勢や、外国人投手の動く球に対応できたという。

また上武大・島田海吏選手は盗塁の能力があり、慶大・岩見雅紀選手は、あれだけ飛ぶ選手はプロでもいないとした。また明治大では斉藤大将投手を、球持ちが良くなったのが一番の成長と話した。

社会人(堀井監督の評価)

JR東日本の田嶋大樹投手については、何も心配していない。ここまで大きな故障が無かった。トップクラスの選手になったし、体作りも7割くらいでこれからも伸びるとしている。

社会人代表でフル回転した九州三菱自動車の谷川昌希投手については、キレと速さは屈指とした。日立製作所の鈴木康平投手は国際武道大時代に1-0で完封された思い出があり、良い時は手が付けられないと話した。ヤマハの鈴木博志投手も速球はもちろんスライダーでもストライクを取れるようになったとした。

野手ではトヨタ自動車の藤岡裕大選手を挙げ、肩が強く送球が素晴らしいと評価、日立製作所の田中俊太選手は三拍子そろった選手で、バットコントロールは兄より優れていると話した。

スポニチに掲載された選手は↓に掲載しています。
2017年のドラフト候補選手

名将イチ推し、今年の注目は? スポーツニッポン紙面 2017/10/24

PAGE TOP