2020年、ドラフト1位の12人【10月26日】

2020年ドラフトニュース

いよいよ今日、ドラフト会議が行われる。ドラフト1位指名の12人を予想してみる。

スポンサーリンク

2020年ドラフト1位の12人予想

最終的に1位指名とみられる選手は下記の12人。

予想順位選手名
1位佐藤輝明 近畿大(オリックス・ソフトバンク・巨人が公表)
早川隆久 早稲田大(ロッテ・ヤクルトが公表)
高橋宏斗 中京大中京(中日が公表)
伊藤大海 苫小牧駒大(日本ハムが公表)
栗林良吏 トヨタ自動車(広島単独?)
木澤尚文 慶応大(DeNA単独?)
入江大生 明治大(DeNA、楽天単独?)
鈴木昭汰 法政大(外れ1位)
平内龍太 亜細亜大(外れ1位)
牧秀悟 中央大(外れ1位)
中森俊介 明石商(外れ1位)
山下舜平大 福岡大大濠(外れ1位)

佐藤、早川、高橋、伊藤の4人が1位指名が公表されており確定済み。また広島も栗林投手の単独1位指名が有力視される。残り4球団も基本的に佐藤、早川、高橋、伊藤の4選手か、木澤、入江、鈴木、平内などの単独1位指名を狙うとみられる。

抽選で外した場合もこれらの選手の指名になりそうで、早川投手を外した場合は同じ左腕でランク2に評価される鈴木投手、佐藤選手を外した場合は、同じ強打の内野手で牧選手の指名となるとみられる。

また即戦力じゃなくても良い球団は、中森投手、山下投手が例年であれば1位競合の可能性もある投手で、1位指名が予想される。

他に1位指名の可能性がある選手

今年は即戦力の右腕投手が豊富で、基本的にはどこの球団も必要なポジションとなる。ただしチームによってはどうしても野手、または左腕投手という所もありそうで、その場合は上記12人以外の選手の1位指名も考えられる。

現時点で2位までに指名されそうな選手を挙げてみる。

予想順位選手名
2位五十幡亮汰 中央大(外れ1位も)
森博人 日本体育大(外れ1位も)
小深田大地 履正社(外れ1位も)
来田涼斗 明石商(外れ1位も)
大道温貴 八戸学院大(外れ1位も)
川瀬堅斗 大分商(2位予想)
小林樹斗 智弁和歌山(2位予想)
高田琢登 静岡商(2位予想)
土田龍空 近江(2位予想)
内山壮真 星稜(2位予想)
井上朋也 花咲徳栄(2位予想)
元謙太 中京(2位予想)
小郷賢人 東海大(2位予想)
山崎伊織 東海大(2位予想)
宇田川優希 仙台大(2位予想)
古川裕大 上武大(2位予想)
榮枝裕貴 立命館大(2位予想)
元山飛優 東北福祉大(2位予想)
伊藤優輔 三菱パワー(2位予想)
大江克哉 NTT西日本(2位予想)
藤井聖 ENEOS(2位予想)
佐々木健 NTT東日本(2位予想)

どうしても野手という所で、佐藤選手と同じく強打の左の大砲候補としては、履正社の小深田大地選手が最有力となる。右でも良ければ井上朋也選手、外野手ならば来田涼斗選手、元謙太選手という選択肢にもなる。

また強打者でなく、俊足のリードオフマンなら五十幡亮汰投手を指名することになる。

左腕投手であれば、NTT東日本の佐々木健投手、ENEOSの藤井聖投手、高校生では高田琢登投手が上位で挙げられるものの、他の右投手と比べるとリスクの部分がやや高いため、右投手の指名を優先させそうだ。

2020年度-特Aランクのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント