【ドラフト総決算4】2022年ドラフトのラッキー指名

2022年ドラフトニュース

今年のドラフト会議でも、指名する方が驚くようなラッキーな指名がありました。

スポンサーリンク

2022年ドラフト会議のラッキー指名

横浜DeNA1位指名・松尾汐恩選手

今年はドラフトの前日までに9球団が1位指名を公表し、しかも重複がない状態でスタートする異例の展開となった。公表をした球団はそれぞれの狙い通りの選手を獲得でき、一定の効果があったと思われるが、公表をしなかった3球団も外れ1位指名など次の展開が読みやすい形になった。

その中で千葉ロッテは楽天が1位指名を公表している荘司康誠投手を、阪神は巨人が1位指名をしている浅野翔吾選手を指名した。それぞれ、抽選で外した場合も菊地吏玖投手、森下翔太選手が残っている可能性が非常に高く、競合に突き進んだ形だった。

そして、横浜DeNAは松尾汐恩選手を指名した。捕手も補強ポイントとして挙げており単独1位指名に成功した。もし他球団が1位指名を公表していたらどうだっただろうと思う。

オリックス1位指名・内藤鵬投手

高校屈指のスラッガー型内野手で、今年のドラフト候補の中で唯一無二の存在だった。1位非公表球団や2位指名の候補として名前が上がっていたものの、2位10番目指名のオリックスの順番まで残っていた。

この指名の前に少し時間が長く、内藤選手が残っている想定はしていなかったものと見られ、現に、内藤選手は競合した時の外れ1位候補だったと話している。

東京ヤクルト3位指名・沢井廉選手

中京大のスラッガーで、今年の長距離砲タイプの選手としては、浅野選手や森下選手に次ぐ位置にいた選手だと思う。守備の面に課題が指摘され、3位という位置は妥当とも見られるが、神宮球場で圧倒的な力を見せれば、この順位で指名できたことが奇跡と思えるようになるかもしれない。

広島3位指名・益田武尚投手

社会人屈指の速球派右腕で、懐の深いフォームから強いストレートと変化球を投げられる投手として、ヤクルト1位の吉村投手などと比較され、1位指名の可能性が言われていた投手。

各球団とも、補強ポイントを優先する指名が続き、1位2位で同じポジションを指名する球団も多く、3位の9番目まで残っていたのは奇跡だろう。

読売4位指名・門脇誠選手

外野手とともにポスト坂本の遊撃手も補強ポイントとしていた巨人、ドラフト1位で浅野選手を外した場合には、千葉ロッテが2位指名した友杉篤輝選手(天理大)も指名候補に挙がっていた。

しかし、浅野選手を獲得すると2位では友杉選手が残っておらず、外野手の萩尾匡也選手を指名、内野手の補強は難しいかに見えた。しかし門脇選手を4位で指名でき、補強ポイントをかなりの範囲で埋めることに成功した。

坂本選手と同じ右打者では無いものの、吉川選手と二遊間を形成でき、打撃や足も楽しみな選手だろう。4位まで残っていると予想していたのかどうか、聞いてみたい所だ。

埼玉西武4位・青山美夏人投手

亜細亜大のエースで春にリーグ戦6勝を挙げ、日本一にも大きく貢献したエース。ドラフト前の評判からすると3位前後での指名が予想され、4位指名も想定内だったが、これだけの投手をこの順位で指名できたのは純粋に嬉しいことだろう。

オリックス5位・日高暖己投手

夏の宮崎大会から甲子園にかけて評価がぐんぐんと挙がり、ドラフト前にも上位指名候補に名前が挙がるなど、指名順位の予想が難しかった選手の一人。結果としては5位指名でだったが、この順位での指名はラッキーだったと言えそうだ。

中日6位・田中幹也選手

大学生内野手が注目される中で、ショートを守れる選手で、もう一つ足という武器がある選手として評価は高かったと思うが、6位での指名となった。病気で大きな手術もしていることも影響しているかと思う。

中日は打撃のある村松選手を2位で指名し、足が武器の田中選手が加わり、土田選手を含めた二遊間は非常に楽しみになった。

広島6位・長谷部銀次投手

社会人屈指のパワーのある左腕投手で、3文字名字の似合う広島に加わった長谷部投手。慶応大時代から苑田スカウト部長が見ていたと思われる。リリーフでの起用になりそうだが、成長途中の選手でもあり、伸びしろもありそうだ。

6位という順位は、ドラフト前の名前の出方などから妥当とも思われるが、この順位でこの選手を指名したことは大きい。

育成ドラフト

中日は八戸学院大の松山晋也投手を育成1位で指名、150キロ台の力のあるストレートがあり、ドラフト3位くらいで指名されていたとしてもおかしく感じなかったと思う。同じく、読売育成1位の松井颯投手(明星大)、オリックス育成2位の才木海翔投手(大阪経済大)もどうようで、このあたりは、オリックスの宇田川投手の成功例を追いかけたいという気持ちが、指名した球団側にありそうだ。

読売は育成2位の田村朋輝投手(酒田南)、3位の吉村優聖歩投手(明徳義塾)、4位の中田歩夢選手(東奥義塾)、5位の相澤白虎選手(桐蔭学園)、6位の三塚琉生選手(桐生第一)、7位の大城元投手(未来沖縄)、8位の北村流音投手(桐生第一)、9位の森本哲星投手(市立船橋)と、高校生でリストアップしていた選手を次々と指名していった感じ。どの選手もドラフト候補として有名な選手であり、入団テストの二次を通過した選手を指名する余地もなく指名していった。

もうひとり、個人的には高く評価をしていた東日本国際大昌平の草野陽斗投手を、横浜DeNAが育成5位で指名した。今年、夏の甲子園ベスト4に進んだ聖光学院を非常に苦しめた投手で、150キロのストレートはまだ高めが多いが、威力で抑えきる魅力十分の選手だった。プロでの成長を追い続けたい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント