準硬式出身の王子・高島泰都投手が8回1安打1失点10奪三振、「プロを目指したい」

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

社会人野球日本選手権では、王子のルーキー・高島泰都投手が航空自衛隊千歳を8回1安打10奪三振1失点に抑える好投を見せた。大学時代は準硬式でプレーをしていた。

スポンサーリンク

硬式でやるからには

王子の高島泰都投手は滝川西高校では2番手投手で、明治大学に進学すると準硬式野球でプレーしていたが、最速150キロを記録してその力が評価され、今年、王子の硬式野球部に入部した。

この日は、日本選手権の大舞台、初戦となる航空自衛隊千歳戦で先発をすると、149キロのストレートとチェンジアップを使い6回1アウトまでノーヒットピッチングを続ける。その後、安打と1点を許したものの、8回まで1安打10奪三振1失点の堂々たる投球を見せた。

試合後に高島投手は「全国大会でこれだけ投げられたのは自信になる。緊張したらもったいない。楽しもうと思って投げました」と話す。そして、「準硬式で楽しみながら積んだ実戦経験が、今につながっている」と話した。

高島投手は「更に1段階、2段階上を目指したい。硬式でやるからにはプロを目指したい」と話した。今年大学卒1年目で来年にドラフト指名解禁となる。今大会、できれはもう1試合好投を見せ、来年のプロ入りへのステップとしたい。

2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

王子ルーキー高島、ワクワク10K全国デビュー ー スポーツニッポン紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント