2014年のドラフトのゆくえ(プロ球団編)、安楽智大投手10球団の指名も

 2013年はドラフト会議は候補が少ないといわれた年で、各チームともチーム内の課題となるポジションを補強する形となったように思います。そして2014年のドラフト会議に向けて、プロ球団はどんな戦略でどんな選手の獲得を目指すのか、予想してみたいと思います。

 

パ・リーグ

東北楽天

 基本的に投手中心の補強を行っており、2013年ドラフトでは松井裕樹投手を獲得した。田中将大投手のメジャー移籍の可能性が高いが、その穴がどれくらい大きいかは計り知れない。しかしドラフトではその田中選手を上回ると言われる、済美・安楽智大投手の指名が濃厚だろう。

埼玉西武

 今年は森友哉捕手を指名し、山川穂高選手など捕手と野手の補強を行った。来年は投手指名は間違い無さそうで、菊池雄星、大石達也のように、渡辺SDのくじ運を信じて安楽智大投手を指名する可能性が高い。安楽投手が18Uでバッテリーを組んだ森友哉選手を慕っている点も大きい。しかし、山崎康晃投手に指名が少ないと見るや、柔軟に方向転換を見せるかもしれない。

千葉ロッテ

 石川歩投手、吉田裕太投手、三木亮選手と各ポジションを埋める指名を行い、2013年は強気に目玉選手の指名に迎えそうだ。安楽智大投手にチャレンジし、外れ1位で高濱卓也選手の弟でスラッガー候補の高濱祐仁選手を狙うかも。

福岡ソフトバンク

 2013年は将来性を見た指名となったが、FAや外国人の補強を見せた。基本的にその年の中心選手を指名することが多く、安楽智大投手の指名が濃厚。

オリックス

 早くより安楽智大投手に注目していた事もあり、関西の球団としては四国のヒーローで甲子園のスターを獲得したい。2013年ドラフトは大成功だったので強気に行きそうだ。若月健矢、園部聡、吉田雄人といった18Uで安楽投手と一緒にプレーした選手も揃う。

北海道日本ハム

 2013年ドラフトは抽選で3度も外す不運もあったが、基本的にその年最高評価の選手を指名する方針は変わらない。安楽智大投手の指名は間違いないだろう。

 

セリーグ

巨人

 2013年は課題の捕手や若手内野手の獲得ができ、2013年は目玉投手の指名にいく事になりそうだ。先発投手が欲しい巨人にとっても安楽智大投手は魅力だ。また早大の有原航平投手を菅野智之投手クラスと評価すれば、単独で狙ってくる可能性もある。

阪神

 既に安楽智大投手のマークを宣言しており、藤浪晋太郎投手に続く先発投手の柱を作る意味でも、また甲子園のスターとしても安楽智大投手の指名で間違い無さそうだ。また鳥谷2世と言われる中村奨吾選手を、内野の将来の中心選手として狙ってくるかもしれない。

広島

 2013年は大瀬良大地投手を獲得し、野村祐輔投手、九里亜蓮投手と大学生投手で埋めてきている。前田健太投手が抜ける可能性が高く、大学生投手の補強が中心。地元出身の早大・有原航平投手、法大・石田健大投手の二人を狙いたいが、亜大・山崎康晃投手を1番と評価しており、他球団の指名が薄ければ狙いそうだ。

中日

 落合GMが係わってくるドラフトとなり正直わかりにくい。投手中心の守りの野球なので安楽智大投手の評価は高そうだが、他球団の狙いが薄いと見られる社会人選手を狙ったりするかもしれない。2013年も意外性に富んだ即戦力投手の指名が多かった。また地元の逸材、名古屋大の七原優介投手も1位候補に入ってくる。

横浜DeNA

 高田GMは田中将大投手のようなチームの柱を臨んでおり安楽智大投手の指名の可能性が高いものの、2013年のドラフトで獲得した即戦力投手の状況次第では即戦力投手の指名となりそうだ。嶺井博希捕手がいる事から山崎康晃投手の獲得に動くかもしれない。さらに、地元でも横浜高校の高濱祐仁選手、浅間大基選手や、東海大相模の佐藤雄偉知投手がおり、また、三上朋也、三嶋一輝の後輩となる石田健大投手も候補に入る。

東京ヤクルト

 甲子園のスターの獲得を目指している事から、安楽智大投手、高橋光成投手の可能性が高い。高橋光成投手の成長次第では単独指名を狙っていくかもしれない。また主砲候補も欲しい事から、高濱祐仁選手、JX-ENEOS・石川駿選手、さらに青木選手や田中選手などで縁が強い早大から中村奨吾も上位で狙ってきそうだ。


PAGE TOP