サプライズ指名、ラッキー指名はあったか

大下佑馬, 神里和毅, 宮台康平, 楠本泰史, 宮本丈, 吉住晴斗, 平良海馬

2017年のドラフト会議でサプライズの指名やラッキー指名があったか見てみます。

ドラフト上位

ドラフト1位、2位で見てみると、やはり福岡ソフトバンクの吉住晴斗投手の1位指名はサプライズだった。高校生投手で一番最初に指名された選手となった。185cmから151キロを投げる投手で素材的に素晴らしい選手で、もしかすると東北楽天などが2位3位あたりで指名する情報があったかもしれないが、やはり1位の抽選を3回外したことの影響もあると思う。福岡ソフトバンクは2位で高橋礼投手を指名したが、これも順位的には1つ2つ上のような印象がある。

ヤクルトのドラフト2位の大下佑馬投手は亜細亜大出身で3年目の投手、今年の都市対抗で素晴らしい投球を見せて、個人的にも高い評価していたが、ドラフト2位で指名というのは意外だった。DeNAの神里和毅選手も都市対抗で逆方向に長打も見せるなどしていたが、2位で、しかも外野手が揃うDeNAが指名してくるのがサプライズだった。

逆にオリックスの2位・鈴木康平投手は外れ1位候補に挙がっており、ここまで残っていたのはラッキー指名。また広島も2位で151キロ右腕の山口翔投手が指名できた。広島は昨年も高橋昂也投手が残っており、2年続けてラッキー指名となった。

ドラフト中位

今年はドラフト上位で注目された選手が少なく、2位からサプライズ指名が続いたが、3位4位でもいろいろな指名があった。

増田選手はドラフト1位候補にも上がっていたが、夏の甲子園以降にやや評価を落としてしまったか。それでも実力は高いしチームを変える選手だとみられ、3位での指名はラッキー指名。

埼玉西武の伊藤翔投手は四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックスの投手、ただしこれくらいの実力がある投手だと思うので妥当か。高校卒1年目で3位で指名される選手となり、伊藤投手は独立リーグで1年で勝負する進む道は正解だった。4位の平良海馬投手はサプライズ指名、154キロとも157キロとも言われる速球は素晴らしいが、3年夏も初戦で姿を消し、また離島という事もあり他校との対戦も少なく、実績はほとんどない。

DeNAは3位で阪口皓亮投手を指名、甲子園でのピッチングは出場した投手の中でも5本の指に入るピッチングだった。ただし、それ以前のピッチングをスカウトがチェックしていたのか気になる。甲子園以降にグラウンドに足を運びチェックしていたのではないかと思うが、サプライズ指名となった。

ドラフト下位

このあたりからは、上位で消えると考えていた選手が残っていた場合に指名をしたりと、ラッキー指名が増える。ドラフト5位では巨人の田中俊太選手がラッキー指名か。3位4位で消える選手と思っていた。また、櫻井周斗投手、田浦文丸投手の両左腕も妥当ともいえるしラッキーともいえる。

6位では阪神の牧丈一郎投手、そしてヤクルトの宮本丈選手、千葉ロッテの永野将司投手はラッキー指名か。その中で宮本選手は大学NO.1とも言われていた選手だが、ここまで残っていた理由は何か聞いてみたい。永野投手もすごい球を投げるものの、育てられるかどうかのポイントで各球団ともここまで指名をしなかったか。

7位では日本ハムが宮台康平投手を指名、東大という事を抜きにしても大学生左腕では注目選手だと思われたが、やはりまずは練習についていけるか、京都大の田中英祐投手が3年で戦力外となった事なども影響しているかもしれない。

8位ではDeNAが楠本泰史選手を指名。大学代表の4番を打つ打撃があり大学屈指の打者だが、肩の故障などが響いてここまで残ったか。

2017ドラフト指名選手


PAGE TOP