横浜DeNA、ドラフト3位・嶺井博希捕手が一人だけの入団会見

嶺井博希

 横浜DeNAは先日に新入団選手の発表を行っていたが、ドラフト3位の嶺井博希捕手は、明治神宮大会に出場した後に教育実習の予定があり、この日、一人だけの入団会見を開いた。背番号は39、高校、大学で全国制覇をした期待の捕手だ。

評価は1位クラス

 横浜DeNAは、ベテランの鶴岡捕手に加え、黒羽根利規捕手、高城俊人捕手といった期待の若手捕手が揃う。今年は投手中心の指名を決めており、1位、2位は投手を指名したが、3位では急遽、嶺井博希捕手を指名した。球団関係者も「まさか3位まで残っているとは思わなかった。球団内ではAクラスの評価」と話していた。

 嶺井捕手は沖縄尚学の2年生の時に3年生の東浜巨投手とバッテリーを組んでセンバツで優勝し、大学でも東浜巨投手、九里亜蓮投手、山崎康晃投手といった投手をリードし、日米大学野球では全日本の正捕手として全ての試合にマスクを被り優勝をしている。

 また指揮官からの信頼も厚く、亜大の生田監督は昨年までは自らが先頭に立って練習を引っ張っていくような形だったが、今年は体調を壊したことなどもあり、選手の自主性に任せる事にした。「嶺井にまかせた」と主将の嶺井選手に全てを預けており、明治神宮大会で優勝した後には、「嶺井と別れるのが寂しい」と話していた。

 日米大学野球で指揮を執った明治大・善波監督も優勝後のインタビューで「嶺井が素晴らしかった」と名前を挙げて讃えた。

新たな指揮官

 この日は中畑監督と2人での記者会見となり、いろいろと突っ込みを受け、人柄がにじみ出ている嶺井捕手を早くもいじり倒した。嶺井選手にとってやりやすいタイプなのか苦手なタイプなのかは分からないが、「ハマのシーサー」と地元沖縄の守り神を出し、「勝負の世界なので、一番上に立つことが目標」と話した。

 中畑監督も「勝ち運を持っている。1年目からいい勝負ができる」と話す。

 捕手は投手からの信頼を得てようやく活躍できるポジションで、当然、黒羽根、高城の方が今は信頼が高い。1年目から1軍でプレーするのは難しいかもしれないが、嶺井捕手が投手陣と指揮官の信頼を勝ち取ったとき、全てが機能する勝てるチームになっているのではないかと思わせる選手だ。

 

  DeNAのドラフト3位、亜大・嶺井博希捕手(22)が12日、横浜市内の球団事務所で入団会見を行った。沖縄出身で、守りの要の捕手ということで、自ら「ハマのシーサー」というニックネームを希望したが、中畑監督からは「宍戸開に似ているな。お前は、宍戸かい?」と、いきなり“新ニックネーム”を提案された。

 指揮官の会見ジャックは、これだけにとどまらなかった。嶺井が「期待に応えられるよう、精進します」とまじめに抱負を語れば、横から「相撲界か!」と謎のツッコミ。バッテリーを組みたい投手について「三浦投手です」と答えれば、「あと2、3人くらい言っておいたほうがいいんじゃないか? 後々、問題になるぞ」とちゃちゃが入った。

 DeNAのドラフト3位・嶺井(亜大)が、横浜市内の球団事務所で入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で契約した。

 他の新人の入団発表は既に終わっているが、嶺井は母校の沖縄尚学で教育実習を行っていたため契約が遅れていた。「安定した守備で貢献したい」と笑顔でアピールし、沖縄出身らしくニックネームには「ハマのシーサー」を希望した。会見に同席した中畑監督は、亜大の明治神宮大会優勝に貢献した捕手に「勝ち運を持っている。1年目からいい勝負ができる」と期待した。


PAGE TOP