JX-ENEOSと横浜DeNAが三菱日立パワーシステムズ横浜、東芝を下して決勝へ

社会人野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 神奈川県野球交流戦は準決勝2試合が行われ、JX-ENEOSが三菱日立パワーシステムズ横浜に14-1で、また横浜DeNA2軍が東芝に5-3で勝利した。

三菱日立パワーシステムズは乱調

 JX-ENEOSは大城基志投手、三菱日立パワーシステムズ横浜は1年目で八戸大出身の小林寛投手の先発で始まり、大城投手は無難な立ち上がりを見せたが、小林投手は先頭打者に四球を与える。その後2アウトまで行くものの、四死球で押し出し、タイムリーヒットを連発されて5失点した。

 2回も小林投手は4連続四死球で押し出しここで投手交代もこの回も5失点してしまう。3回以降は2番手の高田投手が粘りを見せるも7回まで合計14点を失った。ここで登板したのがドラフト候補で150km/hを越す速球を投げる左腕の福地元春投手、1回2/3を投げて三振1つ、ノーヒットに抑える貫禄を見せた。

 JX-ENEOSは大城投手が7回4安打1失点と好投、2番手で登板した小室正人投手も1回をノーヒット1死球に抑えた。

 

横浜DeNA2軍が東芝に勝利

 東芝は東洋大姫路出身で2年目の佐藤翔太投手が先発、6回を投げて7安打3失点とまずまずの投球を見せた。横浜DeNAはルーキーで育成ドラフト1位の砂田毅樹投手が先発、ファームで先発入りするなど成長をしている投手は、5回を投げて5安打3失点と好投を見せた。

 その後は、横浜DeNAが、土屋投手、加賀美希昇投手、大田阿斗里投手と1軍経験のある投手をリリーフに送り5-3で勝利した。東芝のドラフト候補・松本幸一郎選手は2打数ノーヒット、石川桜太選手は9番で出場し3打数1安打だった。

 

 決勝はJX-ENEOSと横浜DeNA2軍が対戦する。 (昨日の記事で対戦相手を間違えて書きました。すみません。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント