横浜DeNAが九産大・浜田智博投手を指名へ、即戦力左腕獲得目指す

浜田智博, 九州産業大

 横浜DeNAが九産大・浜田智博投手の獲得を狙っていることが分かった。今年のドラフト会議での補強ポイントとして、即戦力左腕投手の獲得を目指す。

即戦力左腕投手

 横浜DeNAは今年、FAで移籍してきた久保康友投手、外国人のモスコーソ投手、抑えから転向した山口俊投手がローテーションに加わり、三浦大輔投手や井納翔一投手(2012年ドラフト3位)と右投手による強力な投手陣となった。しかし左腕投手については高橋尚投手がローテーションに定着せず、先発候補が1軍にもファームにも少なく課題となっていた。

 スカウト会議などでは明大・山崎福也投手や法大・石田健大投手など即戦力左腕投手の名前が挙がっていたが、九州産業大の浜田智博投手をリストアップしていると日刊スポーツが報じている。山下GM補佐や吉田孝司編成・スカウト部長が視察をしており、調査を進めているようだ。

 秋季リーグ戦ではドラフト1位候補に挙げていた山崎福也投手がまだ本調子でなく、右腕の早大・有原航平投手も肘痛のためまだ登板していない。同紙では浜田投手を1位で指名する可能性もあるとしている。

 

浜田智博投手

 浜田智博投手は変則左腕投手タイプ。最速は144km/hだがテイクバック時に腕を挙げたままで投げる、やや変則気味のフォームになっている。コントロールは抜群で沈むボールもあり空振りも奪える。

 リーグ戦では昨シーズンに九州共立大の大瀬良大地投手に投げ勝ち、今年の春は5勝0敗を記録している。侍ジャパン大学代表でも先発として台湾戦で2試合に登板し初戦は先発して7回2/3を投げて3安打7奪三振無失点、2回目の対戦でも2番手で登板し3回をノーヒットに抑えた。

 

 球速や凄さという面ではドラフト1位タイプではないものの、1年目から活躍できる左腕としてはトップクラスだと思われる。当然、地元の福岡ソフトバンクや左腕投手がいないチームはリストアップをしている。ドラフト2位では今年はセリーグに優先権があるが、現在CS争いをする横浜DeNAの順位によってはドラフト1位で抽選して外した場合に浜田投手の1位指名の可能性がある。

DeNA欲しい、即戦力左腕・九産大浜田 日刊スポーツ紙面 2014/9/23

 


PAGE TOP