横浜DeNAドラフト3位・阪口皓亮投手に指名あいさつ

北海高, 阪口皓亮

横浜DeNAはドラフト3位で指名した北海高校・阪口皓亮投手に、吉田編成部長、河原スカウトが指名あいさつを行った。

彗星のように

阪口皓亮投手はこの夏の甲子園の初戦・神戸国際大付戦で先発し、3回2/3を投げて8安打4奪三振1失点、また南北海道大会でも準決勝の札幌大谷戦で先発し2回1/3を投げて6安打3失点、決勝の東海大札幌戦でも先発して2回1/3を6安打5失点している。

成績からするととてもドラフト3位で指名されるような投手ではないのだが、甲子園での投球がすごかった。制球にばらつきがあったものの、最速148キロを記録し、常時145キロ前後のストレートは威力十分だった。またフィールディングが良く、バント処理でセカンドに送球してアウトにするなど、身長が高いものの俊敏な動きをしていた。

甲子園で驚かされたスカウトも多く、初戦敗退後に練習を見に行ったスカウトもいたと聞くが、横浜DeNAは3位という順位で、実績としてはまだ少ない阪口投手を指名した。

この日指名あいさつを行った吉田スカウト部長は「ダルビッシュも入団時はこれくらい細かった。いっぱい食べて、いっぱい練習してほしい」と話し、阪口投手も「キャンプまでに体重85kgにしたい。3年以内の1軍に上がって新人王、将来は沢村賞と獲りたい」と話した。

昨年の甲子園では作新学院の今井達也投手がブレークし、ドラフト1位で埼玉西武に1位指名されたが、阪口投手はまだそこまでは達していないが、良いストレートは今井投手に引けを取らないと思う。期待して成長を待ちたい。

2017ドラフト指名選手
2017年度-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP