横浜DeNAは外れ1位も投手、東福岡・森雄大投手も候補に

佐藤峻一, 道都大, 森雄大, 東福岡

 横浜DeNAの高田GMは「ウチは外れ1位も投手。残っている中で一番評価する投手にいく。」と話し、外れ1位も投手を指名する事を明言、「高校生でも森が残っていれば指名する可能性はある」と東福岡・森雄大投手など即戦力にこだわらないようだ。

 横浜DeNAは現在、1位指名最終候補として、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、花巻東・大谷翔平投手、亜大・東浜巨投手、東海大・菅野智之投手からの1位指名することを決めているが、藤浪投手には阪神、オリックス、東京ヤクルトが、大谷投手には北海道日本ハムや福岡ソフトバンクなど、東浜巨投手には広島や千葉ロッテ、福岡ソフトバンクなど、菅野投手には巨人がそれぞれ指名する可能性がある。

 指名重複は必至で、そうなると外れ1位候補に注目が集まるが、高田GMの話しぶりからしても優先としては即戦力投手となりそうだ。そしてまずは道都大・佐藤峻一投手が最有力と見られる。しかし左投投手も広島は外れ1位の筆頭にリストアップしており、昨年のように外れ1位でも抽選という事にもなりかねない。

 その次のグループとして、法大・三嶋一輝投手、慶大・福谷浩司投手、三重中京大・則本昂大投手、NTT西日本・増田達至投手の名前が挙げられそうだが、その中には高校生投手で東福岡・森雄大投手の名前も入ってきそうだ。

 また1位が投手になると2位指名は駒大・白崎浩之投手の指名の可能性が高くなったような気がする。道都大・佐藤投手が残っていればうれしい誤算として指名するかもしれないが。

 昨年はDeNAへの球団売却が遅れ、ドラフト会議は多少は就任予定だった高田GMの意見が入ったかも知れないが、基本的に旧球団の元で行われた。抽選も社長だった加地氏が行い、1位指名の藤岡貴裕投手、外れ1位指名の松本竜也投手の抽選を外した。今年は高田GM、そして中畑監督が出席しての最初のドラフト会議となる。北海道日本ハムのGM時代は、当時は高校生と大学社会人ドラフトが分けられていたが、田中将大投手を指名したあと外れ1位で吉川光夫投手を指名し、今年のエースとなっているほか、武田勝投手、宮本賢投手、八木智哉投手、宮西尚生投手など左腕投手を上位指名でそろえた。

 当時の北海道日本ハムと現在の横浜DeNAは当然チーム状況は違うので一概に左腕投手を優先するとはいえない。しかし、北海道日本ハムではメジャー移籍を希望していた稲葉篤紀選手をFAで獲得してチーム軸にしたが、今は福留孝介選手を獲得してチームの軸にしようとしている。手法は似てくるかもしれない。

 

 

 25日のドラフトで、DeNAの外れ1位の筆頭候補は高校生No・1左腕の呼び声高い森(東福岡)だ。1位指名は菅野(東海大)、東浜(亜大)、大谷(花巻東)、藤浪(大阪桐蔭)の4投手のいずれかで、競合は必至。

 

 即戦力投手の補強を目指す高田繁GMは「ウチは外れ1位も投手。残っている中で一番評価する投手にいく。高校生でも森が残っていれば指名する可能性はある」と話した。高田GMは夏前まで藤浪と同等に評価しており、抽選に敗れた場合は森を指名することになりそうだ。


PAGE TOP