オリックスがドラフト1位の曽谷龍平投手と仮契約、背番号17

2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスは、ドラフト1位で指名した白鴎大の曽谷龍平投手と、契約金1億円、出来高5000万円、年俸1600万円の最高条件で仮契約を交わした。背番号は17。

スポンサーリンク

左の先発

曽谷龍平投手は最速151キロの速球にキレがある投手で、140キロ前半から中盤でも空振りを奪える投手で、今年のドラフト会議では即戦力投手としてNO.1の評価を得て、オリックスが1位指名を公表して獲得した。

この日は岡崎スカウトから背番号17を用意され、また、憧れていた能見氏が使っていたグラブをプレゼントされた。「凄いものなので、さすがに使わないと思います」と喜ぶと、「あれだけ長くされたのは、ケアの部分などで本当に意識が高いからだと思う。そこを目指して自分も長いプロ野球生活を送れたら」と長く活躍を続けることを誓った。

宮城投手、田嶋投手、山崎投手など左の先発陣も強力な日本一のオリックスだが、その一角に加わりたい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【オリックス】ドラフト1位の曽谷龍平が仮契約 あこがれの能見からまたサプライズ「ちょっと言葉が出なかったです」
 
オリックス1位・曽谷、憧れの能見さん見習う ケア意識して「長いプロ生活を」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 オリックスからドラフト1位指名された白鴎大・曽谷龍平投手(21)が24日、栃木県小山市で契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円で仮契約し、“能見魂”の継承を誓った。
オリックス・ドラ1曽谷 能見グラブで「新人王目指す」 球団通じてのプレゼントに感激/デイリースポーツ online
 オリックスのドラフト1位・曽谷龍平投手(21)=白鷗大=が24日、栃木県小山市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で仮契約を結んだ。背番号は17に決定した。(金額は推定) 憧れの左腕から最高の入団祝いが届いた。今季限りで現役を引退した能見篤史氏(43)が阪神時代に使用...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント