ヤクルトがドラフト1位指名の吉村貢司郎投手と仮契約、背番号は21

東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東京ヤクルトは、ドラフト1位で指名した東芝の吉村貢司郎投手と、契約金1億円、出来高5000万円、年俸1600万円の最高条件で仮契約を交わした。背番号は21に決定した。

スポンサーリンク

背番号21

吉村貢司郎投手は振り子のように足を挙げる独特のモーションから、最速153キロの速球と得意のフォークボールを投げ、CS前の10月6日の練習試合でヤクルトの主力に対して3回7奪三振無失点の快投を見せた。

セ・リーグチャンピオンの主力を相手にしたこの投球で、村上選手からもフォークで三振を奪い、大きくアピールすることとなった。ドラフト会議では東京ヤクルトが事前に1位指名を公表し、単独での指名となった。

この日、仮契約をし「来年も日本シリーズを戦って優勝できるように、そのチームに貢献できるように。21番は吉村と言っていただけるような選手になっていきたい。1年目なので新人王を目指していきたいです」と話した。

また、橿渕スカウトグループデスクは「自分を出してくれれば十分先発ローテーションに入れる、決して背伸びをせずにという話はしました。今年は昨年に比べて投手防御率が少し落ちた、先発投手陣も確立できなかった。十分そこに入れる」と来年の投手陣の戦力として評価している。

最低限でも1軍ローテーションの一角として投げる力はある。目標は2ケタ勝利で10勝を目指したい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【ヤクルト】ドラフト1位・吉村貢司郎が仮契約「新人王を目指して」対戦したい打者は巨人の岡本和真
 ヤクルトからドラフト1位指名された東芝・吉村貢司郎投手(24)が24日、横浜市内の新横浜プリンスホテルで仮契約し、契約金1億円、年俸1600万円、出来高5000万円で入団合意した。背番号は伊藤智仁(
ヤクルトD1位・吉村貢司郎「日本を背負えるような投手に」 契約金1億円プラス出来高
ヤクルトにドラフト1位で指名された吉村貢司郎投手(24)=東芝=が24日、横浜市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸160…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント