広島ドラフト2位・九里亜蓮投手が仮契約、背番号は12

九里亜蓮, 亜大

 広島はドラフト2位で指名した亜細亜大・九里亜蓮投手と仮契約を結んだ。契約金7500万円、年俸1200万円で、背番号は「12」に決まった。

 

187cmのハーフにスカウト多数!?

 九里亜蓮投手はアメリカ出身の父親を持つハーフで187cm90kgの身体もあり、プロ野球のスカウト以外にも、芸能事務所、モデル、ホストそしてAV男優と様々なスカウトから声をかけられると告白した。ネット上でも少し噂も流れているものの、野球に対する取り組みは非常に真面目と言える。

 東浜巨投手と張り合ってブルペンで球数を投げ込んでフォームを作り、球速は140km/h前半だが、低めに投げ続ける事ができるコントロールを身に付けた。昨年は東浜巨投手を上回って最優秀防御率となるなど、安定した投球が持ち味の投手で、野村祐輔投手のように1年目から勝っていけるかもしれない。

187cmのハーフにスカウト多数!?

 九里亜蓮投手はアメリカ出身の父親を持つハーフで、187cm90kgの身体もあり、プロ野球のスカウト以外にも、芸能事務所、モデル、ホストそしてAV男優と様々なスカウトから声をかけられると告白した。

 しかし、「自分には野球しかない」と、東浜巨投手と張り合ってブルペンで球数を投げ込んでフォームを作り、球速は140km/h前半だが、低めに投げ続ける事ができるコントロールを身に付けた。昨年は東浜巨投手を上回って最優秀防御率となるなど、安定した投球が持ち味の投手で、野村祐輔投手のように1年目から勝っていけるかもしれない。

敵はどこに?

 プロで活躍するようになれば、もっと多くのファンが集まってくる事になる。ネット上でも少し噂も流れていて不安に思ったところもあったが、野球に対する取り組みは非常に真面目だと思っている。活躍をしても自らを律する事ができれば、プロで長くやっていける選手となりそうだ。

  広島のドラフト2位、亜大・九里亜蓮(くり・あれん)投手(22)が6日、岡山市内のホテルで契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約を結んだ。背番号は「12」。今秋の明治神宮大会を制したイケメン右腕は、AV男優にスカウトされた衝撃の過去を明かした。

 端正なマスクに187センチ、90キロのマッチョな体形。プロ野球界ならずとも、他業界が放っておくはずがなかった。「原宿を歩いていて、何回もスカウトされましたよ。モデル、ホスト、芸能事務所…。AV男優だったこともあります」と照れ笑いを浮かべた。

 もちろん、すべてのオファーを断り「僕には野球しかない」と、同じ体力と技術が求められる野球の道を歩み続けた。この日、担当スカウトに質問したのも「普通に生活していれば大丈夫ですね?」と浮かれない。入団後も誘惑を断ち、野球だけに打ち込むと心に決めている。


PAGE TOP