東北楽天、則本昂大投手が5倍となる6000万円に、田中将大投手と並ぶ

則本昂大

 ルーキーとして開幕投手を務め、15勝を挙げて初のリーグ優勝に導き、日本シリーズなどでは先発、リリーフにフル回転して日本一の立役者の一人となった則本昂大投手。1200万円から5倍となる6000万円で契約した。

 

2年目では和田毅、松坂大輔、上原浩治に次ぐ

 入団2年目では和田毅投手が14勝を挙げて1500万円から8000万円となったのが最高額で、ついで16勝を挙げた松坂大輔投手が7000万円、20勝を挙げた上原浩治投手が6600万円となっている。6000万円は田中将大投手と同じく4位タイとなった。今年の活躍からすれば、もっと上がっても良いくらい、チーム初の日本一に貢献した。

 ルーキーでは16勝の小川泰弘投手、13勝の菅野智之投手の契約更改が行われていないが、阪神ドラフト1位の藤浪晋太郎投手が4500万円、北海道日本ハムドラフト1位の大谷翔平選手が3000万円、横浜DeNAドラフト2位の三嶋一輝投手が2700万円、オリックスドラフト1位の松葉貴大投手が1800万円となっている。

来年は1億円の大台も

 松坂大輔は2年目に1億円の大台に乗せた。田中将大投手は二桁勝つことができず9500万円にとどまった。もし則本昂大投手が今年と同じ活躍を見せることが出来れば、来年はプロ入り2年間で1億円に達するものと見られる。

 八幡商から三重中京大とプレーし、松坂大輔投手や田中将大投手のように高校時代に優勝したスター選手ではない。大学時は全国大会に出場し1試合20奪三振を記録して話題となったが、一時は日本生命に進路をきめるなどプロ入りするかどうかという選手が、いまや球界を代表する選手となった。

 しかしまだ1年間だけ、まだこんなものではない。続ける事で本当の球界のエースとなる。

 楽天・則本昂大(たかひろ)投手(22)が6日、契約更改交渉に臨み、球団の新人最高となる400%増の6000万円でサインした。この金額は1500万円から300%増だった08年の田中将大と同額で、プロ2年目の年俸としては史上4位タイの快挙となった。シーズン15勝に加え、ポストシーズンでもフル回転の活躍を見せた右腕が、最高の評価を受けた。

 最大限の評価にイメージがついてこなかった。会見に現れた則本は「高い評価をしていただきました。金額は予想通り? 倍率はしっくりこないけど、本当に高く評価してもらった」。1200万円から5倍の6000万円でサイン。2年目の金額としては田中に並び、昇給率(400%)では田中の300%を上回った。球団の歴史を塗り替える評価にも、笑顔は控えめだった。

 長かった1年がようやく終わった。「1年間を締めくくるというか、ようやく終わったな、と…」と苦笑いした。パ・リーグでは55年ぶりとなる新人での開幕投手を務め、日本シリーズでも先発、中継ぎとフル回転。シーズン15勝を挙げ、文句なしで新人王に輝いた。最高の評価にふさわしいルーキーイヤーだった。


PAGE TOP