広島が新入団選手発表、9選手の横顔

薮田和樹, 飯田哲矢, 塹江敦哉, 野間峻祥, 桑原樹, 多田大輔, 木村聡司, 藤井皓哉, 松浦耕大

 広島はドラフト会議で指名された新入団選手9人の入団発表を行った。9選手の横顔と活躍期待度をまとめた。

広島2014年新入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 野間峻祥 中部学院大 180cm80kg 右左 1億 1500 37
2 薮田和樹 亜細亜大 188cm82kg 右右 7000 1000 23
3 塹江敦哉 高松北 177cm76kg 左左 4000 500 36
4 藤井皓哉 おかやま山陽 182cm83kg 右左 3800 500 41
5 桑原樹 常葉学園菊川 180cm73kg 右左 3500 500 45
6 飯田哲矢 JR東日本 182cm80kg 左左 4000 800 39
7 多田大輔 鳴門渦潮 189cm92kg 右右 2500 450 64
育1 松浦耕大 MSH医療専門 175cm75kg 右右 300 300 121
育2 木村聡司 常葉学園橘 180cm75kg 右右 250 250 123

 

新人選手の横顔と期待度

ドラフト1位・野間峻祥選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

 走力にもパワーがあるように感じられ、全身から馬力を感じさせる。ホームランが多い選手ではないが、狭い球場ならばスタンドに放り込むようになるだろう。丸選手とセンターを争って勝てる選手かもしれず、センター、ライトは埋まることになりそうだ。外野のポジションを争う多くの選手をチームから追い出す事になるかもしれない。

 あまり非の打ちようがない選手だが、足に比べると肩は、同学年で阪神ドラフト3位の江越大賀のような驚かせるような強肩ではない。ただ肩が欠点になるようなことはない。

 

ドラフト2位・薮田和樹投手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

 登板機会が少ないものの、その短い期間にアッと言わせるピッチングを見せた投手。188cmから150km/hを投げるスケールの大きな投手。投球フォームも悪くなく故障などもないという。時間がかかるのかすぐに出られるのかも定かではない。

 

ドラフト3位・塹江敦哉投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

 きれいなフォームから150km/hの速球を投げる左腕投手、コントロールも落ち着いてきている。ただしそれなのに高校生にも球を当てられヒットを浴びてきた。スカウトは手のくわえる必要のないフォームというが、打者から見て見づらいフォームに変えていく必要がありそうで、それに時間がかかるか、今の球威を保てるかとなる。

 菊池雄星投手のように徐々に成長してほしい。

 

ドラフト4位・藤井皓哉投手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

 148km/hを投げる182cmの投手でこちらもスケールを見て取ったような印象。フォームのきれいでイニング数を上回る三振を奪う投手でもある。塹江投手同様にこれだけの素質がありながらこの順位なのは、見えない課題がある可能性もある。まずはファームで投げてみて、もしかすると即1軍に来る選手かもしれないし、そこで結果が残せなければ、投球スタイルのチェンジなど生き残るための模索をすることになる。

 

ドラフト5位・桑原樹選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

 体をしなやかに使い、回転でホームランを打てる打撃技術のある選手、将来はアベレージを残す選手になる可能性もある。遊撃手として守備には定評があり身体能力も高いが、遊撃手で時間をかけるか、足や肩を活かして外野手で打撃を磨くかの選択は出てくるかもしれない。

 野間選手など外野手に人がいれば打てる遊撃手として時間をかけ、大成してほしい。

 

ドラフト6位・飯田哲矢選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆

 社会人に入っても成長を続けている左腕で、日本選手権では3試合にリリーフとして登板しロングリリーフになっても得点を与えなかった。三振を奪える変化球もあり、左腕投手が多くないチーム事情からも即戦力として期待できる。

 変化球などのテクニックがプロで研究されてからが長くプロ野球で続けられるかの分かれ目となりそうで、2年目、3年目の成績が重要だ。

 

ドラフト7位・多田大輔選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

 体が大きくパワーがある選手。1.8秒台を記録するセカンドへの送球もあり、超大型捕手の可能性を見て獲得した。捕手の世代交代が必要なチームにおいて5年くらいはしっかり見てほしい選手でもある。

 

育成ドラフト1位・松浦耕大選手 期待度1年目:なし 3年目:☆

 育成枠で獲得した捕手という事で、立ち位置的には非常に厳しい。多くの投手の球を受けてアピールするしかない。見たことが無いため育成選手としての評価とします。

 

育成ドラフト2位・木村聡司選手 期待度1年目:なし 3年目:☆☆

 高校1年時に内野手としてセンスの高さを見せたが、2年生から144km/hを投げる投手となった。内野手で獲得しており、1年時のセンスを買っての獲得となった。内野手としてどれだけのものを持っているのか評価から始まるが、強肩と運動神経でどこまで成長できるか。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

 高校生の多い指名だが野間選手、飯田投手と即戦力として出てきそうな選手も多い。また薮田投手、塹江投手、藤井投手もフォームがきれいで、即戦力となる可能性がある。ただし即戦力でなければフォーム改造などに時間がかかるタイプかもしれない。

 チームとしては野間選手が加わることで、1番からスキのない打線が実現しそうだ。ただし投手力のアップが必要だったが、そのポイントの補強は十分とは言えない。


PAGE TOP