埼玉西武が新入団選手発表、6選手の横顔

高橋光成, 佐野泰雄, 玉村祐典, 外崎修汰, 山田遥楓, 戸川大輔

埼玉西武はドラフト会議で指名された新入団選手6人の入団発表を行った。6選手の横顔と活躍期待度をまとめた。

埼玉西武2014年新入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 高橋光成 前橋育英 188cm90kg 右右 1億 1300 17
2 佐野泰雄 平成国際大 177cm81kg 左左 7000 1200 34
3 外崎修汰 富士大 177cm75kg 右右 5000 1200 44
4 玉村祐典 敦賀気比卒 181cm79kg 右右 3000 600 38
5 山田遥楓 佐賀工業 179cm78kg 右右 2500 600 52
育1 戸川大輔 北海高 188cm86kg 右左 350 300 122

 

新人選手の横顔と期待度

ドラフト1位・高橋光成選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

 188cmの長身から角度のある149km/hの速球とフォークボールなどで2年夏に全国制覇。きれいなフォームも素晴らしく、将来性は十分だろう。斉藤和巳投手のようなタイプとして期待している。

 手のひらの骨折などもあったが昨夏の疲労によりフォームを崩した影響は、今年もケガから復帰した後も残っていた印象で、長打を打たれるような感じになっていた。絶妙なフォームのバランスを取り戻すことができるかが課題と言える。また非常に純朴な選手で良い面もあるが心配したくなる点でもある。

 

ドラフト2位・佐野泰雄投手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆

 大学ではとにかくイニング数を投げ、実戦経験を積んだ。まだ大舞台の経験はないものの、リリーフ左腕として1年目から期待できるだろう。凄い球と投げるというタイプではないので話題にはならないかもしれないが成績をコツコツ残す投手だろう。

 成長についてはほぼ成熟しているとも見られる。とはいえこれまでかなり投げており、長年継続して活躍できる体のケアが大切だ。

 

ドラフト3位・外崎修汰選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

 盗塁と打撃に関してはかなり期待できる選手で、どちらかを評価されて1軍に残る可能性がある。秋山翔吾選手のように主軸を担える選手だろう。打撃の調子の波やさらに上の打撃を目指すためにプロに入ってからも成長が必要だ。

 

ドラフト4位・玉村祐典投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

 高校時代に短い期間だけ活躍を見せ、146km/hを投げる力を見せて大学進学を決めていた。しかし入学せずに地元でトレーニングをし、出身の敦賀気比の練習で甲子園ベスト4の強打線に手も足も出ないピッチングをしたとか。

 大学に入学していたら既に3年後の注目投手になっていたかもしれない。

 

ドラフト5位・山田遥楓選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

 打力、走力、守備力と見た人にセンスがあると感じさせる選手で、持っている身体能力は非常に高いものとみられる。我慢強く育成して5年後くらいに花開く選手と期待したい。

 

育成ドラフト1位・戸川大輔選手 期待度1年目:なし 3年目:☆☆

 体が大きく小学生時代から注目されていた。投げても143km/hを記録する力があり、楽しみな選手だと思う。高校で実績を残せなかった事で育成という厳しい所からのスタートとなる。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆

 かなり先の将来を見た指名となったように見える。佐野投手、外崎選手は1年目からチームに貢献するプレーを見せてくれるだろう。数は少ないため1年目の☆は3つだが、確度は高く効率の良い指名だったといわれるかもしれない。

 高橋投手は将来のエースになる器だろうが、他は未知数の選手で、期待度としてみるしかない。ワクワクさせる選手を獲ったといえる。


PAGE TOP