2017年、広島カープのドラフトの狙い

2017年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。まずは広島カープ編

広島

〇タイプ:育成型、非競合型
〇監督:野手出身、どちらかというと攻撃中心のチーム
〇決定者:松田オーナーなどフロント中心
〇補強ポイント:主軸打者(左・右)、ファースト、ショート、サード、レフト、キャッチャー、左のエース
〇近況:来年はドラフトの目玉クラスはいないと苑田スカウト部長が発言

広島カープは昔から育成型のチームで、高校生などを育ててチームの戦力にする。近年は大瀬良大地投手、有原航平投手、田中正義投手と目玉クラスの指名が多いが、基本的には単独1位指名を理想としている。最終決定者は松田オーナー。
緒方監督は基本的には野手を中心とした、走攻守の整ったチームを理想としている。外野手に課題を持っており監督就任時に1位指名した野間峻祥選手を指名したが、鈴木誠也選手の台頭でやや課題は軽くなった。

補強ポイントとしては主軸を外国人やベテラン新井選手が打ち、松山選手は相手投手に限定して4番に起用するもまだ物足りない。左右ともにスラッガー候補が欲しい。ファースト、レフトは外国人を獲得する場合のポジションとして固定は難しいものの、2つのうちどちらかは固定したい。

またサードも固定できていないポジションだが、ショート田中広輔については絶対的な存在とは考えていないかもしれず、ショートを埋めて田中をサードに起用したいと考えていると思う。

キャッチャーも石原捕手と會澤捕手に続き、その存在を脅かす捕手が欲しい。毎年のようにドラフト中位から下位で指名し育てていくが、上位で獲得できそうな捕手がいたら優先するかもしれない。

投手も野村、ジョンソンに勝ち星が偏り安定的とは言えない。右は加藤拓也投手、岡田明丈投手、薮田和樹投手、大瀬良大地投手とパワー系の投手がそろう。セリーグは左腕投手が比較的活躍するため、左腕投手の獲得は目指しているが、2016年は2位で高橋昂也投手、3位で床田寛樹投手を獲得している。しかし、左腕投手の育成にはかなり苦労をしており、以前のように右よりもどうしても左を優先という事はなく、力が上と判断すれば右投手を指名する方針である。

ドラフト候補は

主軸候補では早稲田実の清宮幸太郎選手、履正社の安田尚憲選手、慶応大の岩見雅紀選手が挙げられ、ほかにも秀岳館の木本凌雅選手、明徳義塾の西浦颯大選手、常総学院の宮里豊汰選手などを中位から下位で指名したい。

捕手は社会人で経験のある大阪ガスの岸田行倫を獲得したい。サードの候補にトヨタ自動車の藤岡裕大選手がいるが、ショートで奈良学園大・宮本丈選手を獲得したい。

左投手ではJR東日本の田嶋大樹投手、Hondaの永野将司投手、東大の宮台康平投手、亜細亜大の高橋遥人投手、明治大の斉藤大将投手などが挙げられる。

広島カープのドラフト会議 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page


PAGE TOP