広島、富士大の149キロ左腕・鈴木翔天投手をリストアップ

富士大, 鈴木翔天

広島は、富士大の149キロ左腕・鈴木翔天投手をドラフト指名候補としてリストアップしている事がわかった。

左を探してほしい

広島カープは今年のドラフトの補強ポイントとして、左腕投手の獲得を挙げている。この日、球団関係者が「スカウトに、左を探してほしいと言っている」と、左腕投手を重点的にリストアップする指示をしていることを話し、富士大で184cmから最速149キロの速球を投げる左腕の鈴木翔天投手が候補に挙がっている。

鈴木投手はサック年秋に完全試合を達成し、明治神宮大会でもキレの良い変化球などを投げ、今年注目の左腕となっていた。しかし春のリーグ戦は、左ひじの違和感によって登板はない。

左腕では同じ北東北リーグの八戸学院大・高橋優貴投手は150キロを超す速球を投げ、先日、復帰登板をした法政大の森田駿哉投手も注目される。また東農大北海道の岡本直也投手は181cmの左腕で145キロの速球を投げ、星槎道都大の福田俊投手は170cmと小柄だが148キロのキレのある球を投げる。

セリーグでは横浜DeNAの東克樹投手や、阪神の高橋遥人投手などの若い左腕投手が出てきており、今永昇太投手や田口麗斗投手、小笠原慎之介投手など、左腕投手がチームの柱となっている。

カープは今年も首位を走っており、戦力は充実しているが、左の先発、リリーフが不足しており、即戦力で獲得するならば左腕投手という事になるだろう。1位では将来性のある高校生か、または右でもエース候補やリリーフで活躍できそうな、甲斐野央投手などを指名しそうだが、2位では左腕投手を指名してきそうだ。

2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

富士大鈴木をC今秋リスト スポーツ報知紙面 2018/5/22

 


PAGE TOP