済美・安楽智大投手、6回1安打14奪三振、中日、東北楽天、オリックスのスカウトが視察

中日ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 早くも来年のドラフト候補にスカウトが集結している。

 秋季高校野球愛媛大会の中予地区予選、済美vs済美平成の試合に中日、東北楽天、オリックスの3球団のスカウトが視察に訪れた。この時期から、しかも地区予選の試合に足を運んだとなると、来年の1年間は全ての試合を視察しますよ、という宣言にさえ聞こえる。それだけ済美・安楽智大投手の注目度は高い。

 その安楽投手はこの日は最速142km/hを記録、18Uワールドカップなどによる疲労からか6kg減で体調は万全ではないが、それでも6回を1安打14奪三振と相手を寄せ付けない投球を見せた。高橋光成投手から教わったというフォークを使いこなすなど、球速を抑えての投球を見せた。球数は76球だった。

 しかし上甲監督は「投球術などを覚えるのは、僕は嫌い。速さへの挑戦を忘れたら困る。勝つこととスピードの、2つに挑戦してほしい」と話した。たしかにその通りだろうが、センバツのように連投で体力が落ちたときの投球として武器が増えた事は間違いない。優勝するために、そして連投しても壊れないようにするための、安楽投手自身で考えたケガをしないための投球だと思う。監督には安楽投手を連投させないようにするための戦力を整えて欲しい。

 新チーム初戦 凱旋登板で、安楽が進化した姿を見せた。直球とスライダーに、覚えたばかりのフォークも駆使。14奪三振で、6回を1安打1死球で無失点に抑えた。「日本代表で学んだ投球ができた」と、目を輝かせた納得のピッチング。直球の最速は142キロだったが、技巧が光った76球だった。

 準優勝した18U野球ワールドカップ(台湾)では、ベストナインなど投手3冠に輝いた。森友哉捕手(大阪桐蔭3年)の助言もあり、剛速球を捨て、制球重視で勝利を優先する投球スタイルに変更。投球の幅を広げようと、甲子園優勝投手の高橋光成(前橋育英2年)からはフォークも教わった。3回には、1番打者をその“光成フォーク”で空振り三振に仕留め、5者連続三振をマーク。自らの成長に「全力で力むのではなく、ストレートもコースに決められた」と手応えを口にした。

 ただ、まな弟子の変身ぶりに、上甲監督はどこか寂しげだった。この日の投球に成長を認めつつも「投球術などを覚えるのは、僕は嫌い。速さへの挑戦を忘れたら困る。(制球重視で)勝つこととスピードの、2つに挑戦してほしい」。こぢんまりまとまろうとする安楽にくぎを刺した。

 済美入学後、二人三脚でレベルアップを図ってきた安楽と上甲監督。指揮官の注文も、安楽はもっと『速くなる』と確信するからこそだ。「監督さんの期待に応えたい。任された仕事をきっちりこなしていきたい」。怪物右腕にはまだまだ、成長の余地が残っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント