中日も県岐阜商・高橋純平投手をドラフト1位候補に

高橋純平, 県岐阜商

 阪神が来年のドラフト1位候補にリストアップしている、県岐阜商・高橋純平投手に対し、地元中日もドラフト1位候補にリストアップしていることが分かった。

ものが違う

 中日の中田スカウト部長が県岐阜商・高橋純平投手について、「ものが違う。競合する可能性がある」と話し、ドラフト1位目玉クラスと評価をしており、球団としてもドラフト1位候補にリストアップしているとのこと。

 高橋純平投手は183cmの身長があり、球速は既に152km/hを記録している。この秋の東海大会では4試合33回を投げて35奪三振に自責点は1という成績を残した。

 素質や球速は来年のドラフトで高校生NO1と評価されそうで、2013年には松井裕樹投手が5球団から、2014年には安楽智大投手が2球団から1位指名をされている。高橋投手にも既に阪神がドラフト1位候補として高く評価しており、既に指名競合の可能性が出てきた。

 中日は2013年に静岡出身で180cmを越す右腕の鈴木翔太投手(聖隷クリストファー)を、また2014年も静岡県出身の長身右腕・野村亮介投手(三菱日立パワーシステムズ横浜)をドラフト1位で指名している。長身右腕という事ではタイプが重なるのだが、人気面も考慮すると地元の目玉級の右腕を放っておくわけにはいかないだろう。

 

2015年は豊作か?

 2015年は大学生野手に明大・高山俊選手や慶大・谷田成吾選手といった目玉クラスとなりそうな選手が多く、また左腕で明大・上原健太投手、駒大・今永昇太投手という投手が揃い豊作になりそうな感じもある。

 しかし、152km/hを記録する仙台大・熊原健人投手、151km/hを投げる富士大の多和田真三郎投手、150km/hの速球で押しまくる西村天裕投手などがいるものの、安楽智大投手や有原航平投手のように楽に常時140km/h後半を記録するような馬力のある投手はあまり多くない。高橋純平投手は右の将来のエース候補として注目されるのは間違いなく、3球団以上が競合する可能性もある。

 センバツに出場する高橋投手、その投球により大きな話題となる可能性もある。人気も伴えばさらに多くの球団が指名をする可能性もありそうだ。

2015年度-高校生のドラフト候補リスト

来季中日ドラ1候補、県岐阜商の高橋 日刊スポーツ紙面 2014/12/29

 


PAGE TOP