中日、外れ外れ1位まで想定し、立命大・辰己選手、浦和学院・渡邉投手、日大鶴ケ丘・勝又投手の名前挙がる

梅津晃大, 辰己涼介, 根尾昂, 渡邉勇太朗, 吉田輝星

中日はドラフト会議に向け、ドラフト1位指名では抽選を何度か外した場合も想定して、指名候補をリストアップしている。

外れ外れ1位まで

中日はすでに大阪桐蔭・根尾昂選手の1位指名を決定しているが、根尾選手には巨人、東北楽天、北海道日本ハムなども指名の可能性が高く、3球団以上の指名重複は確実とみられる。与田新監督が抽選を引くことになるとみられるが、中日の編成担当者は「今年は1位候補が12人そろわない。外れ1位も抽選必至、その次も想定しないと」と話し、抽選で外した場合にも2度目の入札でも重複する可能性を想定して、最低でも12人をリストアップして指名に臨む。

スポーツ報知では根尾選手を外した場合はまず、金足農の吉田輝星投手、立命館大の辰己涼介選手が残っている場合は指名をするとしている。そしてこの二人が残っていない場合や、再び抽選で外したときには、東洋大・梅津晃大投手、浦和学院・渡邉勇太朗投手、日大鶴ケ丘の勝又温史投手の将来のエース候補右腕の指名を検討するとしている。

おそらく1位指名の12人のうち、東洋大の上茶谷大河投手、甲斐野央投手、梅津晃大投手、日体大・松本航投手、国学院大の清水昇投手、大阪桐蔭の藤原恭大選手、根尾昂選手、金足農・吉田輝星投手、報徳学園・小園海斗選手、立命館大・辰己涼介選手、浦和学院・渡邉勇太朗投手の11までは他球団も同様に名前が挙がってくる選手だとみられる。そしてそれ以外では各球団が優先ポイントなどから、上記の勝又投手、天理の太田椋選手、倉敷商の引地秀一郎投手、日本通運の生田目翼投手、亜細亜大の頓宮裕真選手などがリストアップされる事になるとみられる。

ドラフト会議では、1位指名で狙った選手を獲得できた球団は、その後の指名は非常にスムーズに、余裕をもって進めることができるようになる。1位指名での抽選結果が、その球団の全体の流れを作る事になる。1位指名は単独指名1位狙いも含めて、非常に重要と言える。

中日ドラゴンズのドラフト会議
2018年ドラフト指名予想

中日、ドラフト1位外れ外れ想定 スポーツ報知紙面 2018/10/22

 


PAGE TOP