東北楽天の育成ドラフト2位・松本京志郎選手は高校通算31本塁打、打撃を評価

光南高, 松本京志郎

東北楽天は、育成ドラフト2位で指名した光南高の松本京志郎選手と、支度金200万円、年俸250万円で契約合意した。

高校通算31本塁打

松本京志郎選手は光南高校で、172cm72kgと大きくないものの、大きなスイングの打撃で高校通算31本塁打を放った。

担当した上岡スカウトは、ドラフト6位で指名した西巻賢二選手と比較し、「僕的には西巻くんは守備のプロフェッショナルで、松本くんは打撃のプロフェッショナル。育成という違いはあるが、競い合ってやっていってほしい」と話し、松本選手の打撃の評価の高さを伝えた。

松本選手は「今年、ドラフト選手で高校生は2人だけ。同じ内野手ですしいい友達であり、いいライバルになれたらと思います」と話し期待を膨らませた。打撃で勝負して守備などの評価も徐々に上げてゆき、まずは支配下登録を目指す。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

上岡良一スカウト(51)は、松本と同じ福島県出身の遊撃手で、楽天6位指名の仙台育英・西巻賢二内野手(18)を引き合いに、「僕的には西巻くんは守備のプロフェッショナルで、松本くんは打撃のプロフェッショナル。育成という違いはあるが、競い合ってやっていってほしい」と、高校生コンビの飛躍に期待した。


PAGE TOP