日本ハム、清宮選手に全ポジション試す、肩や守備力はキャンプで注目

清宮幸太郎

北海道日本ハムの栗山監督は、仮契約を交わした清宮幸太郎選手に、キャッチャーを含むすべてのポジションで考えていることを明かした。

全ポジション

清宮選手は高校時代にサードの他、外野でも練習をするなど、一塁手以外のポジションにも挑戦をしている。小学生時代は投手として剛速球も投げており肩も強く、ファーストの守備でも3年夏に痛いエラーをしてしまったが、足の動きもまずまずでグラブも柔らかく使える。「守備が嫌いとかないので。どこでもやれればやりたい」と話している。

栗山監督は清宮選手の起用方法について考慮し、一塁では外国人選手や中田選手とポジションが重なって出場機会を得るのに難しい事から、「俺は全部考えるよ」と外野手など全ポジションで育成していく方針を明かした。

そして「キャッチャーはダメ? いや、そんなの俺のことだから全て考えるよ。」と話し捕手の可能性も示唆した。「できる前提で考える。そこから一番いいところを探す」と話した。清宮・中田で左右の大砲が並ぶ打線は、他球団への脅威となる。それを実現するために、清宮選手は新たなポジションへの対応も求めていく。

ただし清宮選手は高校では肩の強さは目立っていない。少年野球時代に肩やひじなどを故障している可能性もある。キャンプなどで肩や足、守備なども徐々に見えてくるだろう。日本ハムは新人はすべて2軍からスタートをするが、キャンプでは多くの視線を集める事になりそうだ。

清宮幸太郎(早稲田実業高校) | ドラフト候補の動画とみんなの評価

会見内容をチェックしていた栗山監督は「(捕手も)できるかな、てか、できる! できる前提で考える。そこから一番いいところを探す」とキッパリ。清宮は少なくとも中学以降に捕手経験はない。栗山流のリップサービスもあり、本気で捕手をやらせるとは限らないが、さまざまな可能性を否定せず、追求する。


PAGE TOP