巨人、川相コーチの次男・川相拓也選手の指名を検討

巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 巨人がドラフト会議で、川相ヘッドコーチの長男で桜美林大卒の川相拓也選手の指名を検討しているようだ。

入団テストで2次試験通過

 川相拓也選手は桐蔭学園から桜美林大へと進み、高い守備力で首都リーグ2部ながらベストナインを3度獲得していた。卒業後は大学にコーチとして在籍していたが、プロ入りを目指してアメリカに留学し、この秋の巨人の入団テストを受験した。

 入団テストでは1次審査、2次審査を通過した。山下スカウト部長が「例年になくレベルが高かった」と話したテストにおいて、投手3人、内野手1人、外野手2人が追加し、内野手が川相拓也選手だった。

 巨人は育成枠での指名を検討しているという。

 

2世選手

 今年の高校生、大学生のプロ志望届選手の中では、中日が近藤投手コーチの長男で名城大の近藤弘基選手の指名を検討しており、他にも元巨人・桑田投手の長男・桑田真樹選手がいる。またラミレス選手の甥で日体荏原のラミレスヨンデルなどもいる。

 プロ志望届は出さなかったものの、東北楽天・三輪コーチの子息、日大三の三輪昴平投手は149km/hの速球が注目され、千葉ロッテ・諸積スカウトの子息、流通経済大柏の諸積怜選手も俊足で注目された。

 今年は広島野監督だった野村謙二郎氏の子息・野村颯一郎選手が亜細亜大に入学して、1年生で活躍を見せている。また来年には元巨人で千葉ロッテの監督を務めた山本功児氏の子息、九州国際大付の山本武白志選手がドラフト候補として注目されている。

 

 9月21日には巨人の新人入団テストを受験、堅実なグラブさばきで通過した。巨人は育成枠での指名を検討している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント