巨人がスカウト会議、ドラフト1位指名はオコエ瑠偉選手、小笠原慎之介投手、高山俊選手、熊原健人投手の4人有力

高山俊, 上原健太, 吉田正尚, 今永昇太, 小笠原慎之介, 高橋純平, 熊原健人, 平沢大河, オコエ瑠偉, 岡田明丈

巨人がスカウト会議を開いた。仙台育英・平沢大河選手や関東第一のオコエ瑠偉選手選手、駒大・今永昇太投手などがドラフト1位指名リストに挙げられたが、スポーツ報知では1位指名をオコエ瑠偉選手、東海大相模・小笠原慎之介投手、明治大・高山俊選手、仙台大・熊原健人投手の4人から指名すると1面で報じた。

平沢大河選手、オコエ瑠偉選手が浮上も

巨人の山下スカウト部長は会議後に、平沢大河選手、オコエ瑠偉選手について「甲子園ですごく評価を上げた。必ずレギュラーになれる。プラス人気もありますから」と話し、ドラフト1位指名候補の中に入れたことを明らかにした。

この他に1位指名候補に残ったのは、県岐阜商・高橋純平投手、東海大相模・小笠原慎之介投手、仙台大・熊原健人投手、駒澤大・今永昇太投手、大商大・岡田明丈投手、明治大・上原健太投手、高山俊選手、青学大・吉田正尚選手の10人の名前を挙げた。

しかしその中で山下スカウト部長は「即戦力投手で行くのか、外野手の即戦力でいくのかまだ決まっていない」と話し、1位候補が即戦力投手と即戦力外野手であることを示唆した。そしてスポーツ報知では即戦力の投手として小笠原慎之介投手と熊原健人投手の評価が最も高く、外野手では高山俊選手、オコエ瑠偉選手の評価が高いし、ドラフト1位指名をこの4人に絞ったと報じている。

 

最終的に誰を指名するか

オコエ瑠偉選手と熊原健人投手については、球団内で非常に評価が高い事が分かっていた。特に山下スカウト部長はオコエ選手を非常に気に入っているようで、チームのスター候補として注目をしている。

ただし今年はリーグ戦で厳しい戦いとなった。打線はレギュラーが固定されているポジションが少なくなり、投手もルーキーや外国人の踏ん張りで何とか踏みとどまった感じだった。サードの村田選手は何度も喝を入れる形で外したりしたものの復調できず、外野手も1年間を通して出場できた選手はいない。終盤に立岡選手が戦力となったが、長野選手、亀井選手、橋本選手、金城選手、外国人のアンダーソン選手など入れ替わり続けた。

サードは岡本和真選手が終盤に活躍を見せ、ポスト村田の位置を着実に固めつつあるが、外野手は即戦力の選手が必要となる。巨人や慶大の谷田成吾選手や青学大の吉田正尚選手なども注目をしていたが、即戦力として最も可能性が高いとみられる高山選手が最終的に1位指名候補残った。オコエ瑠偉選手は1軍定着に少なくとも2年程度はかかるとみられ、来年から活躍できる選手か、3年後からでよいのかによって、絞られてきそうだ。

また投手についてもマイコラス投手がメジャーに移籍する可能性もあり流動的、ルーキーの高木勇人投手も終盤は勝ちきれない試合もあり、先発投手陣はかなり不安定な状態となっている。小笠原慎之介投手は152キロを投げる左腕として素質はすば抜けていて1年目から1軍で投げれる可能性もあるが、まだ成長途中でもあり即戦力としては未知数。熊原投手はストレートでは今年のドラフト候補の中でNO1といえ、変化球が少なく投球の幅が狭い点はあるが、リリーフならば1年目から活躍できる。こちらも来年から活躍できる選手か、3年目からでよいかとなりそうだ。

外野手か投手かについては、優先度は両方とも高いとみられるが、例えばドラフト2位で即戦力外野手を指名できそうならば、1位は投手でという事になるかもしれない。決定するのは他球団の情報を分析したうえでドラフト直前となりそうだ。

 

育成選手は10人リストアップ

また巨人は育成ドラフトでも候補を10人リストアップしているという。山下スカウト部長は「全部獲るわけではないが、去年より多いのは間違いない」と話し、昨年の4人よりも多くなる見通しを示した。6人前後の指名となる。

読売ジャイアンツのドラフト会議 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

巨人ドラ1絞った4人 スポーツ報知1面 2015/9/30

 

高校生では東海大相模・小笠原、県岐阜商・高橋、関東第一・オコエら、大学生では仙台大・熊原、明大・高山、駒大・今永、青学大・吉田ら。新たに仙台育英の遊撃手・平沢が1位候補に入り、山下哲治スカウト部長は「甲子園で凄く評価を上げた。甲子園に出るまではAクラスという評価はしていなかった」と説明した。補強ポイントを精査し、今後も直前まで検討を続ける。

高校球界を代表する左右の強打者が、巨人のドラ1候補に浮上した。山下スカウト部長は2選手について「甲子園ですごく評価を上げた。必ずレギュラーになれる」と話した。確かに、将来をしょって立つ強打の野手は、現在のチーム状況に照らせば重要な補強ポイントとなる。一方で山下部長は「即戦力のピッチャーでいくのか。それとも即戦力の野手か。まだ決まっていない。例年通り、当日まで」と話した。他球団の動向を含めて精査を続ける。

注目したのは、実力に加えてスター性だった。この日は、ドラフト指名候補選手として67人をリストアップ。その中で、オコエと平沢は12人いる1位指名候補に含まれた。山下スカウト部長は「ふたりは甲子園で評価を上げた。甲子園までAクラスにいなかった。必ずレギュラーになれるという評価。プラス、人気もありますから」と説明した。


PAGE TOP