巨人・岡崎スカウト部長、根尾、藤原、小園の3人がトップクラス

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人の岡崎スカウト部長が、この夏の甲子園で注目した選手を紹介している。大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手、報徳学園の小園海斗選手をBIG3と挙げた。

BIG3

まずBIG3について、大阪桐蔭の根尾昂選手には「スピード、柔軟性、体のキレといった身体能力が素晴らしい。野球選手として、高校生の中ではNO.1だと思います。」と話し、「プロはスピード勝負の世界。スピードと野球センスを兼ね備えていることが、私なりの伸びしろの解釈となりますが、彼はこれが大きい。」と伸びしろについて言及し、「遊撃の守備も良くなっています。私は投手よりも野手として見ています」と話した。

藤原恭大選手には「春は右ひざ痛の影響もあって抑え気味にプレーしていたけど、足に関してはNO.1。走攻守、方も含めてトップクラスの外野手で、何年かに一人の完成度ですね。」と評価した。

報徳学園の小園海斗選手についても「体が大きくなって左中間方向に強い打球が打てるようになった。肩の強さ、足の速さももっているので伸びしろは大きい」と話した。

投手の評価

投手では浦和学院の渡邉勇太朗投手と金足農の吉田輝星投手の名前を挙げ、「二人とも投球時の体のキレと柔軟性を持っている。投げ方もいいので球速が出るだけでなく、ボールの質がすごくいい。特に渡辺は190cmと体が大きく手が長い。もっと体が強くなってくれば、腕の振りの大きなスケールの大きい投手になれます。」と話し、「将来的に楽しみだなあと感じています」と話した。

岡崎スカウト部長が他に注目した選手は次の通り

守備選手高校投打
投手沼田翔平旭川大高右右
吉田輝星金足農右右
渡邉勇太朗浦和学院右右
垣越建伸山梨学院左左
修行恵大大垣日大右右
柿木蓮大阪桐蔭右右
横川凱大阪桐蔭左左
川原陸創成館左左
内野手野村佑希花咲徳栄右右
林晃汰智弁和歌山右左
北村恵吾近江右右
根尾昂大阪桐蔭右左
小園海斗報徳学園右左
松井義弥折尾愛真右左
外野手大谷拓海中央学院右左
万波中正横浜右右
中尾勇介山梨学院右右
藤原恭大大阪桐蔭左左

読売ジャイアンツのドラフト会議
第100回(2018)高校野球選手権大会の出場校と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント