巨人ドラフト3位・中山礼都選手、大型遊撃手としてポスト坂本期待

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人は、ドラフト3位で指名した中京大中京・中山礼都選手に、榑松スカウト次長などが指名あいさつをした。

スポンサーリンク

ポスト坂本大型遊撃手

中山礼都選手は、180cm80kgの体のある遊撃手で、遠投115mの肩に、50m5.9秒を記録するスピードが注目されていた。アスリート型選手かと思われたが、昨年の明治神宮大会ではショートで質の高いプレーも見せた。

今年はアピールの機会は少なかったものの、甲子園交流戦や愛知独自大会、そしてプロ志望高校生合同練習会で攻守できっちりアピールをした。フットワークはまだ課題があるものの、肩の強さがあり、技術をしっかりと磨いてゆきたい。打撃では思い切りの良さがあり、高校通算17本塁打のパンチ力もある。

現時点で坂本選手のようなスマートな感じではないが、高い意識を持つ選手で、プロで磨かれる中で柔らかさのようなものを身に着けて行ければ、案外坂本選手に似た形で成長をするかもしれない。

「トリプルスリーを獲るという気持ちが一番強い」と話す中山選手の成長が楽しみだ。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

中山は愛知出身ながら大の巨人ファン。小学2年時に東京ドームで観戦して以来、坂本に憧れて遊撃手になった。「1年間戦う体力の付け方や打撃、守備も積極的に聞きたい」と弟子入りも願う。50メートル5秒9の俊足に加え、高校通算17本塁打を誇る打力も魅力で「トリプルスリーを獲るという気持ちが一番強い」と目標を掲げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント