巨人スカウト部長が呉港の45本塁打スラッガー・田中多聞選手を視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

呉港と東大阪大柏原の練習試合に、巨人の水野スカウト部長、渡辺スカウト主任が訪れ、高校通算45本塁打のスラッガー・田中多聞選手を視察した。

スポンサーリンク

12球団注目のスラッガー

呉港の田中多聞選手は183cm83kgの右のスラッガーで、高校通算45本塁打を放つスラッガーとしてすでに12球団が視察をしている。

この日は東大阪大柏原に出向いて練習試合を行ったが、4番センターで出場すると、3回に犠牲フライで勝ち越し点を挙げ、7回にも1アウト3塁も好機でタイムリーヒットを打った。ホームランこそなかったが、3打数1安打2打点、7回には三盗を決めるなど足も見せた。

この日は巨人が水野スカウト部長、渡辺スカウト主任の2人体制で視察し、水野氏は「動きも良かったし、楽しみな選手だね」と評価をした。このタイミングでのスカウト部長の視察で、かなり注目度が高いことがわかる。左の大砲候補として岡本選手のように育てて行きたい。

呉港は広島でバッテリーコーチを務めていた片岡新之介氏が監督を務めている。広島も鈴木誠也選手に代わる主砲の獲得をめざしており、地元の大砲候補として見ているだろう。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
巨人・水野スカウト部長らが熱視線 高校通算45本塁打の安芸の大砲・呉港の田中外野手に/デイリースポーツ online
 「練習試合、東大阪大柏原1-5呉港」(18日、東大阪大柏原グラウンド) 巨人の水野雄仁編成副本部長兼スカウト部長と渡辺政仁スカウト部主任が、初代ミスタータイガース・藤村富美男氏(故人)の母校である呉港のスラッガー・田中多聞外野手(3年)に熱視線を送った。

水野部長らが視察した一戦では中堅・4番で先発出場。第1打席では中飛に倒れたが、1-1の三回には、1死一、三塁から左犠飛で勝ち越し点を奪った。七回の第4打席では1死三塁の好機で右前適時打を放った。その後、三盗も決め走塁面でもアピール。一発こそ出なかったが、3打数1安打2打点とチームの勝利に貢献した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント