大阪桐蔭・川原嗣貴投手が日体大を完封、松尾汐恩選手・丸山一喜選手がホームラン

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

大阪桐蔭が日体大の1,2年生と練習試合を行い、川原嗣貴投手が7安打完封、松尾汐恩選手と丸山一喜選手が一発を放ち、7-0で勝利した。

スポンサーリンク

力で圧倒

日体大の1,2年生と対戦した大阪桐蔭は、序盤こそ日体大の140キロ中盤の速球を投げる相馬綾太投手や箱山優投手の力で抑えられたものの、5回に1点を返してなおも1,2塁のチャンスで松尾汐恩選手選手が135キロのストレートをレフトの芝生席に運んだ。

7回にはこちらも注目のスラッガー・丸山一喜選手がライト方向へ3ランホームランを放ち、パワーで圧倒して7点を奪うと、投げてはエース・川原嗣貴投手が146キロの力のある球を見せ、9回7安打で完封した。

日体大は木製バットを使用し、大阪桐蔭は金属バットだったものの、投打で力で大学生に勝利するなど、すでにこの夏の甲子園の優勝候補と呼び声高い大阪桐蔭の強さを見せた。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
センバツV大阪桐蔭が破壊力見せつけ、日体大を投打で圧倒 エース川原が完封 松尾&丸山3ラン - 高校野球 : 日刊スポーツ
今春センバツ優勝の大阪桐蔭が、2本の本塁打を含む7安打で日体大(1、2)に破壊力を見せつけた。0-0で迎えた5回表、1点を返し、なお1死一、三塁。打席にはプロ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

0-0で迎えた5回表、1点を返し、なお1死一、二塁。打席にはプロ注目の強打者・松尾汐恩捕手(3年)。対する日体大のマウンドには4回からリリーフした伊藤大稀投手(1年=智弁和歌山)。「母校は近畿大会決勝で勝利したばかり。打たれたくない」。自信のある直球勝負も、わずかに外角に抜けた。松尾は逃さずに捉え、135キロ直球を左翼芝生へ運ぶ3ランを放った。OB投手を相手に、借りを返す一打で悠々とダイヤモンドを回った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント