巨人、天理大の友杉篤輝選手をドラフト上位で指名へ

2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人は天理大の友杉篤輝選手をドラフト上位で指名する可能性がある。

スポンサーリンク

右打ちの遊撃手

巨人はポスト坂本として、天理大の友杉篤輝選手をドラフト上位候補にリストアップし、公表をしている高松商・浅野翔吾選手の抽選を外した場合の1位指名や、2位での指名が有力視される。

友杉選手はショートの守備では大学NO.1と定評があり、打撃も体調を崩した今秋の序盤は良くなかったが、昨年の大学野球選手権では10打数8安打を記録し、春のリーグ戦も首位打者を獲得、秋も徐々に良くなっている。

巨人は35歳になるポスト坂本として、吉川選手などがいるものの、坂本選手と同じ右の遊撃手を候補として、亜細亜大・田中幹也選手などもリストアップ。また左だが社会人屈指の守備を誇るトヨタ自動車の和田佳大選手なども候補として挙げているが、攻守に揃う右の友杉投手を最も評価している。

理想の1位2位は浅野選手、友杉選手の野手2人となりそうだが、阪神も浅野選手の1位指名を検討し、2位では巨人より先に指名する中日などが二遊間の選手の指名を検討していることから、1位で外した場合には友杉選手、ということになりそうだ。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
2022年ドラフト指名速報
2022年ドラフト指名速報、ドラフト会議の直前予想
巨人「坂本後継」天理大の技巧派遊撃手・友杉をドラフト上位指名へ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 巨人が、20日のドラフト会議で天理大の友杉篤輝内野手(21)を上位指名する可能性があることが19日、分かった。

遊撃では亜大・田中幹也内野手(21)、トヨタ自動車・和田佳大内野手(25)らも候補だが友杉への評価は高い。1位指名を公表した浅野(高松商)に続き、未来の遊撃手へも熱視線を注ぐ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント