福岡ソフトバンクの2010年ドラフト戦線と2011年ドラフトの展望

菅野智之, 藤岡貴裕, 伊藤隼太

いよいよ最後となりました。パリーグを制したもののクライマックスシリーズで敗れて日本シリーズ出場を逃した福岡ソフトバンク。激戦パリーグの中で常勝チームとなれるのか、2010年のドラフトを振り返り、2011年のチームとドラフトを展望してみます。

2010年シーズン

2009年は杉内が15勝をあげたもののボールトンの11勝以外は大隣が8勝、和田が4勝と勝ちきれなかった。野手も長谷川が3割を越え、田上が20本以上のホームランを放ったものの、松中、小久保の安定感が無くなり、川崎が.259と低迷した。それでもチームは貯金9で3位となりそこ時からを見せたが、課題も多いシーズンだった。2009年のドラフトでは1位で内野手の今宮健太を指名、川原、下沖と高校生の左右投手のほか、長距離打者の中原恵司を指名している。外国人では韓国代表の李を獲得しシーズンに望んだが、シーズンでは投手では和田が復活、野手では川崎、本多が復活すると、ケガの多い多村がシーズンを通して活躍を見せた。また中継ぎの投手陣で甲藤、森福などが活躍し、馬原、摂津、ファルケンボーグなど分厚く、中継ぎ投手の活躍で貯金13を維持し激戦パリーグを制した。

1位となったものの貯金は2009年の9から13になっただけで、和田、杉内で貯金18を挙げたが上澄みはできていない。大隣、小椋で借金9、巽、大場が活躍できず二人に続く先発が伸び悩んでいることが大きい。ただし、怜王、岩崎といった若手の数はいる。野手では川崎、本多が調子を取り戻したものの、松中はフルシーズンで活躍するのが厳しくなっている。小久保も活躍に波が出てきており安定感に欠く。多村は2010年は良かったもののやはりケガの不安がある。期待の2005年ドラフト1位・松田も打率.255と安定感に欠いた。立岡や中村など若手もいるが、即戦力の長距離砲候補も欲しい。捕手も田上が不調に陥ったが山崎がカバーした。ここのような状況でドラフトの戦略を進めていった。

2010年ドラフト戦線

シーズン前半では早稲田大・大石達也、斎藤佑樹や中大・沢村拓一、法大・加賀美希昇などをマークしていた。特に早大には編成部長など3人がマークするなど力を入れていた。夏ごろになるとチーム状況も受けてか、習志野・山下斐紹、九州国際大付・榎本葵、八戸大の秋山翔吾、明治大・荒木郁也など野手の候補をマークしていた。ドラフト直前では大石達也、斎藤佑樹等の候補が挙がっていたが、中継ぎ抑えがそろったことで先発候補の斎藤佑樹を1位指名に決定する。外れ1位では将来の正捕手候補、習志野・山下斐紹をリストアップしていた。他には、日通・牧田和久、七十七銀行・小林敦、広島経済大・柳田悠岐などをリストアップしドラフトに臨んだ。

2010年ドラフト会議

ドラフト会議では1位で斎藤佑樹を指名、抽選で縁が無く外すと予定通り習志野・山下斐紹を指名する。2位ではこちらも予定通り柳田悠岐を指名、3位では牧田和久を狙っていたのだろうが、西武が2位で指名していたため、南貴樹を指名する。以下星野大地、坂田将人と高校生を指名、右の先発投手やスラッガー候補の指名は無かった。

チームの変化と2011年の見通し

山下斐紹は強肩、フットワークに加え、バッティングの勝負強さや先輩にも関係なくチームを引っ張る所など精神的にも熱い選手で城島のようにチームを変えていく捕手だと思う。城島を育てた工藤のような存在に杉内や和田がなって育てて欲しい。2位柳田は強肩はプロでもトップクラスでおそらく野球ファンを驚かせるだろう。187cm90kgながら足も速く、特にバットコントロールなど細かい技術がある選手。長打力も見せ初めていたが、日本ハム糸井のような活躍を見せるのではないかと思う。

南、星野は荒削りの投手で育つまでには忍耐力が必要だろう。高校生投手があまり育っていないチームで山田大樹のように育てられるか、大きな賭けと見る。

FAで細川を獲得し捕手の穴は埋まったといってよい。先発については、摂津や甲藤などを先発に回し外国人のレルーを獲得したものの、大場、巽や岩崎、怜王が出てこなければ和田・杉内頼りの厳しい状況は変わらなさそうだ。野手では川崎、本多のリードオフマンと主軸をつなぐ内川を獲得したことはものすごく大きい。主軸は多村と新たに獲得したカブレラがそろって活躍できれば松中・小久保も含めて破壊力が高いしかし4人ともケガの不安がある。

2011年のドラフト戦略

和田、杉内のW左腕エースがいるが、メジャー移籍の可能性も無いとは言えず、今年獲得できなかったエース候補を獲得したい。候補としては東海大・菅野智之、東洋大・藤岡貴裕の2人を狙うだろう。投手に目途が立ったときは若き4番を獲得したいところ。特に松中に代わる左のスラッガーは欲しいところで、慶応大・伊藤隼太はスバリその候補となる。


PAGE TOP