福岡ソフトバンク、ドラフト1位指名は桐光学園・松井裕樹投手有力

九共大, 大瀬良大地, 松井裕樹, 桐光学園

 福岡ソフトバンクがドラフト1位で、桐光学園・松井裕樹投手を指名する可能性が高くなったと西日本スポーツが1面で報じている。

地元・大瀬良大地投手もいるが決め手は左

 福岡ソフトバンクは先日のスカウト会議で、ドラフト1位候補を松井裕樹投手か、地元の九州共立大・大瀬良大地投手の2人に絞り、どちらを指名するかはドラフト当日まで他球団の動向を検討するとしている。この日の西日本スポーツの記事では、今の時点でも二人の候補から指名するということは変わっていないものの、地元・大瀬良大地投手にも東京ヤクルトなどが指名を検討しており、指名が重複することが確実となっている。

 逆に当初は多くの球団が指名すると見られた松井裕樹投手の指名の倍率が若干少なくなっていることから、同じく重複するならば球団が補強ポイントとしている左腕投手の松井投手を指名するとし、球団内の意見もまとまったとしている。

即戦力はFAや外国人選手で補強

 今年は規定投球回をクリアしたのは摂津正投手だけと先発陣は苦しかった。武田翔太投手はケガで調子を落とし、即戦力と期待してドラフト1位で獲得した東浜巨投手は体力不足でシーズン終盤まで勝つことができなかった。しかし、この二人が復調の気配を見せており、他にも岩崎投手、吉本祥二投手など素質の高い投手が揃っている。

 それに比べ左腕投手は数が足りずに昨年も帆足投手ををFAで、またドラフト2位で伊藤祐介投手を指名するなど、補強を進めている。現場は即戦力投手を希望しているが、即戦力についてはFAや外国人選手で補強するとし、FA市場で注目される、広島・大竹寛投手や埼玉西武・涌井秀章投手、中日・中田賢一投手などを狙っていくと見られる。

外れ1位候補は混沌

 ドラフト1位指名は抽選が確実となっており、チームでは外れ1位候補も投手に絞り、リストアップも進めている。候補としては、東京ガス・石川歩投手、セガサミー・浦野博司投手、横浜商大・岩貞祐太投手など10人程度を挙げているが、どの投手も他球団もドラフト1位や外れ1位の候補としてあげており、状況は混沌としている。

 もし1位候補に挙げている投手が取れなかった場合には、2位で指名予定の捕手を繰り上げる可能性もある。その場合は地元福岡の梅野隆太郎捕手や、亜細亜大・嶺井博希捕手、花咲徳栄・若月健矢捕手などが挙げられる。

桐光学園・松井裕樹投手、福岡ソフトバンク1位指名へ - 西日本スポーツ1面:2013/10/22

 

  ソフトバンクが、24日のドラフト会議で桐光学園の左腕・松井裕樹投手(17)を1位指名することが21日、濃厚になった。地元・九州共立大の即戦力右腕・大瀬良大地投手(22)と直前まで悩んだ末、あえてエースとなり得る素材を選択。球団関係者も「松井は貴重な左腕。三振も奪える。全国を見渡しても貴重な素材」と大きな期待をかけた。

 チームは12年に12勝した大隣が国指定の難病・黄色じん帯骨化症を患い、同じく12年に8勝を挙げた山田は今季3勝でドミニカ共和国のウインターリーグへ派遣されている。先発ローテーションの深刻な左腕不足も、松井一本化へと拍車をかけた。


PAGE TOP