福岡ソフトバンクがドラフト指名選手の入団発表 ~新入団選手の詳細~

上林誠知, 岡本健, 加治屋蓮, 張本優大, 石川柊太, 森唯斗, 東方伸友, 曽根海成

 福岡ソフトバンクはドラフト会議で指名した4選手の入団発表に続き、育成ドラフトで入団した4選手の発表を行った。

可能性を込めて

 シーズンは4位に終わりCSにも出場を果たせなかった福岡ソフトバンク、打線は首位打者・長谷川選手に内川選手など活発だったが、投手陣は摂津投手以外の投手の不調が目立った。課題は投手陣でドラフト会議では、派手に即戦力投手を獲得するかに思えたが、実際には大人しめで、可能性と危険性が裏腹の指名となった。
 派手だったのはFAや外国人選手の獲得の方で、FAで中田賢一投手や鶴岡捕手などを獲得、また他球団で活躍している外国人選手を獲りまくっている。

 ドラフト1位指名は桐光学園・松井裕樹投手、外れ1位でも国学院大の杉浦稔大投手と、即戦力というよりは育ててエースにというタイプの選手で、当初より即戦力というよりは将来性を見据えていたのだろう。外れ外れ1位とはいえ、加治屋投手のドラフト1位は意外性があった。

 加治屋投手は社会人時代に疲労骨折し、最近も疲労骨折をしている事を発表した。ハードな練習に骨が付いていけない事から、体質の改善からはじめたい。しかしそれでも152km/hを投げる事ができている事から、ハードな練習ができる身体になれば、もっと成長が見込める。

 2位の森投手も都市対抗で2回をパーフェクトリリーフ、日本選手権予選でも4安打完封し今年開花した投手。小柄ながら腕を振り切って投げられる躍動感のある投球が評価されており、リリーフでフル回転する可能性もある。3位の岡本投手も森投手よりはやや落ち着いたフォームだが、闘志を持って投げるスタイルで、日本選手権ではリリーフで活躍し見事に優勝を果たした。どちらかは先発でどちらかはリリーフになるのか、二人ともリリーフになるのかはチーム事情によるが、1年目から期待できる投手。

 ドラフト4位の上林選手は昨年秋の明治神宮大会の活躍が素晴らしかったが、今年2回出場した甲子園ではワンバウンドの球をヒットにしたものの、インパクトを与えるような活躍ができずにドラフト4位となった。長打よりもアベレージを残していく選手として期待されての背番号51だろう。また内野手にも挑戦している。

全体で8人

 育成ドラフトでは創価大の石川投手、佛教大の張本捕手と即戦力の二人を獲得した。石川投手は149km/hだが、カットボールやスライダーなどの変化球で打ち取る投手。張本選手は大学日本代表の合宿にも参加した実力派の捕手だ。

 また191cm86kgで144km/hの速球を投げる東方投手と、広角打法を持つ曽根選手は全国では無名で、実力は未知数。持っている素質を伸ばして、支配下登録をしたい。

 全体として、加治屋投手と上林選手は大きな可能性を秘めるが、加治屋投手はケガとの戦い、上林選手は内野手への挑戦や、選球眼の課題など、リスクも踏まえての指名だろう。育成も含めれば8人の指名だが、物足りない印象は否めない。

 その分、FAや外国人で補強をしているが、日本の野球において、チームのベースとなるのはドラフト会議で指名した選手であることは間違いないことは忘れてはいけないだろう。

ドラフト 名前 ポジション 背番号 特徴 出身チーム 説明
1位 加治屋蓮 投手 14 183cm81kg 右右 福島高(宮崎)-JR九州 152km/h記録も両足疲労骨折などケガ多い
2位 森唯斗 投手 38 175cm77kg 右右 海部高-三菱自動車倉敷オーシャンズ 躍動感あるフォームで1年目から期待
3位 岡本健 投手 48 177cm84kg 右右 神戸国際大附-新日鐵住金かずさマジック 日本一となったリリーフ、ハートが熱い
4位 上林誠知 内野手 51 183cm80kg 右左 仙台育英 ワンバウンドをヒットも選球眼課題、内野手も
育成1位 石川柊太 投手 138 183cm80kg 右右 総合工科-創価大 小川泰弘からエースを継いだ149km右腕
育成2位 東方伸友 投手 139 191cm85kg 右右 浜田商 無名ながら191cmの大型投手で144km/h
育成3位 曽根海成 内野手 140 175cm70kg 右左 京都国際高 広角に打ち分けられる好打者でリードオフマン
育成4位 張本優大 捕手 141 181cm84kg 右右 菊華-佛教大 代表合宿にも呼ばれた大型捕手、一発ある

 

 鷹のイチローになる!福岡市内のホテルでソフトバンク新人4選手の入団会見が行われ、ドラフト4位・上林(仙台育英)の背番号は「51」に決定。

 憧れているヤンキースのイチローがマリナーズ時代まで背負った番号となり「51番は空き番になっていたので、もしかしたらと思ったんですが、興奮してます」と大感激した。今年のセンバツでイチローばりのワンバウンド打ちを見せた18歳。イチローと同じ左打者、ドラフト指名も同じ4位と共通点は多く「何年も続けて首位打者を獲れるような打者になりたい」と誓った。


PAGE TOP