西日本短大附・小野郁投手が147km/hで7回2死までノーヒット投球、日米13球団視察

小野郁, 西日本短大附

 高校野球九州大会では西日本短大附と鍛冶舎監督も秀岳館が対戦し、西日本短大附の小野郁投手が147km/hの速球で秀岳館を完封し勝利した。この試合には日米13球団が視察をし、福岡ソフトバンクは4人態勢で視察を行った。

2つの投球パターンで成長見せる

 小野郁投手は昨年に147km/hを記録し既に注目されていた。しかし秋の九州大会では制球を乱し、初戦で神村学園に7失点して甲子園出場を逃している。

 この日は3回までは変化球中心のピッチングで、ストレートを想定していた秀学館打線から3回で5三振を奪う投球を見せると、4回からはストレート中心に切り替えた。5回には2つの四球と暴投で自ら1アウト2,3塁のピンチを招くが、そこでストレートは最速147km/hを記録し三振を奪うとピンチを切り抜けた。

 その後も145km/h前後のストレートで押すピッチングで、7回2アウトまでノーヒットピッチングが続いた。そこでヒットを打たれたものの9回3安打10奪三振で完封、変化球中心とストレート中心の投球を見せ、昨年からの大きな成長を見せた。

 さらに打者としても4番を打つと、6回にタイムリーヒット、8回にはダメ押しとなる2ランホームランを放ち、5-0の勝利のうち3打点を自ら稼いで勝利した。これで高校通算本塁打を21とし、スラッガーとしての素質も高い。

 

日米13球団スカウト視察

 小野投手の投打の活躍に、視察した日米13球団のスカウトも沸いた。国内12球団のうち福岡ソフトバンクは永山チーフスカウトだけでなく、小川編成・育成部長兼スカウトも視察するなど4人で視察をし、永山チーフは「下半身が成長して制球力が良くなった」と昨年からの成長を評価していた。

 またメジャースカウトはドジャースの大慈弥日本担当部長で、「身体能力が高い。打撃も良いので二刀流でいけるのでは」と話していた。

 昨年までは素質を評価されていた小野投手、この冬に徹底的に下半身を強化して課題を少しずつ克服し、即戦力としての評価も高まっていると見られる。国内全ての球団が視察に訪れ注目度も高く、ドラフト会議での指名も中位クラスと上がったと見てよい。

 まずは目標としている甲子園出場と150km/hを記録すること、二つを達成した時は上位指名される事になりそうだ。

 

日米13球団熱視線、完封10K・小野 - 西日本スポーツ:2014/4/20

 


PAGE TOP