福岡ソフトバンクが育成選手入団発表、選手の横顔と戦力アップ分析

福岡ソフトバンクドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

福岡ソフトバンクが育成ドラフトで指名した5選手の入団発表を行った。昨日発表されたドラフト会議指名の6選手と合わせて11人が入団する

福岡ソフトバンク2015年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打支度金年俸背番号
育1野沢拓斗つくば秀英181cm71kg右左300270129
育2児玉龍也神奈川大176cm72kg左左300400130
育3樋越優一東農大北海道178cm89kg右左300400132
育4中村晨ルーテル学院191cm81kg右右300270136
育5渡辺健史飯塚178cm72kg左左300270137

 

 新人選手の横顔

育成ドラフト1位・野沢拓斗選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

高校3年間で体が急成長し143キロの速球で1試合19奪三振を記録、プロ6球団が注目した逸材。三振の奪える球を磨いてさらに成長を見せたい。

育成ドラフト2位・児玉龍也選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

腕が隠れるホームから141キロの速球、ストレートに伸びがある。特徴を出して結果を残していきたい。

育成ドラフト3位・樋越優一選手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆

風張蓮投手や井口和朋投手をリードした捕手、安定感を活かしてアピールをしたい。

育成ドラフト4位・中村晨選手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆

10球団スカウトが注目した大型投手、球速は141キロもまだ伸びる。潜在能力を表に出せれば国吉投手のように1軍で投げられる。

育成ドラフト5位・渡辺健史選手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆☆

体もしっかりしており、バランスの良いフォームが特徴。強い腕の振りができ球速は140キロを記録。成長が期待できる投手。

ソフトバンクのドラフト指名6選手の入団発表はこちら

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

11人中9人が高校生と育成のソフトバンクとしての特徴をいかしたドラフトとなった。ただし高橋純平投手については1年目の中盤以降には1軍で投げていてもおかしくない。12球団で飛び抜けた力を見せて優勝したチーム事情からチャンスをつかむのは難しいかもしれないが、1年目から☆3つをつける。

また小沢怜史投手はまだ伸びしろもあり、いきなり150キロ中盤を記録したりして話題になる可能性があるなど素質が高い。しかし谷川原健太選手、茶谷健太選手、黒瀬健太選手、川瀬晃選手と素質の高い選手を獲得し、育成が充実しているとはいえ未知数の選手をそろえた事でリスクもあり☆3つとした。多くのチームが高校生も獲るが大学生、社会人で実績もある選手を獲得してリスクのバランスをとるが、ソフトバンクは育成にかなりの自信を感じているようだ。これまでの常識を覆すような育成力を見せてほしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント