福岡ソフトバンク、ドラフト1位の吉住晴斗投手は背番号26

吉住晴斗, 福岡ソフトバンク

福岡ソフトバンクのドラフト1位・吉住晴斗投手が、背番号26をつけることが分かった。

151キロ右腕

福岡ソフトバンクは、151キロ右腕・吉住晴斗投手に背番号26を提示した。背番号26は、2010年に入団した川原投手が6年間つけていたが、2016年に育成契約となり、ここ2年間は空き番号となっていた。

かつては松中選手が入団から3年間つけていた背番号でもある。

吉住投手については工藤監督が上位指名を推薦し、ドラフト1位で3度の抽選を外したことから1位指名となった。工藤監督は「今はまだ線が細い所があるけど、体にバネがある。昔でいうと渡辺久信選手のように、直球で押していける投手」と評価をした。

福岡ソフトバンクの新入団選手は今日、福岡に集まって施設見学などを行い、明日7日に新入団選手発表をする。

福岡ソフトバンク、過去のドラフト指名一覧


PAGE TOP