投げては145キロ、打っては通算23本塁打、中央学院・大谷拓海選手にスカウト注目

大谷拓海, 中央学院高

千葉・中央学院高校の大谷拓海投手は、投げては145キロ、打っても通算23本塁打で、チームを高校NO.1に導いた。その能力にスカウトも注目する。

二刀流

秋の千葉大会では準決勝、決勝でホームランを放ち、明治神宮大会の準々決勝・明徳義塾戦でもレフトフェンスを越していくホームランを放った。

投手としては高校生から本格的に投手としても練習をし、1年秋にはエースナンバーをつけていた。今年の関東大会で夏の王者・花咲徳栄を3失点完投、霞ヶ浦戦では1失点完投勝利でチームを来年センバツ当確に導いた。

オーバーハンドから145キロを記録していたが、スリークォーター気味のフォームに変えて投球に粘りが出た。またボールに力を伝えきれていない所があるが、このフォームが固まれば球速も再び出てくる。

スカウトも評価

この大谷選手について中日の佐藤スカウトは「体に力がある。投手としては今はまだボールに力を伝えきれていないけど、まだまだ良くなる要素がある。打撃はいいし飛距離も出る。ひと冬超えてどうなるか」と話し、投手としても野手としても注目している。

「プロに行きたくて」中央学院に進み、投手としても投げるようになった大谷選手は、この冬の成長を来年のセンバツで見せつけたい。そして秋のドラフト会議で希望をかなえる。

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

「4番・投手」大谷、投げては145キロ、打っては高校通算23発 2017/12/6

 


PAGE TOP