ソフトバンクが新入団選手発表、選手の推定年俸・背番号と活躍の予想

大関友久, 海野隆司, 津森宥紀, 柳町達, 小林珠維, 伊藤大将, 佐藤直樹, 石塚綜一郎, 舟越秀虎, 村上舜, 荒木翔太, 勝連大稀

福岡ソフトバンクはドラフト会議で指名した12選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

ソフトバンク2019年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 佐藤直樹 JR東日本 178/84 右右 10000 1600 30
2 海野隆司 東海大 173/83 右右 7000 1200 62
3 津森宥紀 東北福祉大 177/81 右右 6000 1100 11
4 小林珠維 東海大札幌 183/80 右右 4000 460 69
5 柳町達 慶応大 180/75 右左 4000 760 32
育1 石塚綜一郎 黒沢尻工 181/85 右右 300 360 121
育2 大関友久 仙台大 186/90 左左 300 400 122
育3 伊藤大将 八戸学院光星 178/75 右右 300 360 128
育4 勝連大稀 興南 175/66 右左 300 360 130
育5 舟越秀虎 城北 182/71 右右 300 360 131
育6 荒木翔太 千原台 184/85 右右 300 360 136
育7 村上舜 日大山形 174/68 左左 300 360 143

 新人選手の横顔

ドラフト1位・佐藤直樹選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

肩とスピードは申し分ない選手で外野で福田選手のようなポジションならばすぐに起用されるかもしれない。しかしドラフト1位で指名した選手、担当の山崎スカウトは長打力があることを評価し、柳田選手のルーキー時代に似ていると話す。さらにもっと大きく成長させるために1年目はじっくりと鍛える事になりそうだ。個人的には打撃でまだ目立った所がみられなかった。本人も打撃が課題とし打球が上がらないと話すが、何かのきっかけで打球が上がるようになったら急に20本くらいホームランを打つ選手になるのかもしれず、それを期待したい。

ドラフト2位・海野隆司選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

まず間違いなく活躍を見せる選手だと思う。肩や視野の広さは甲斐選手に匹敵できる能力があり、打撃は非常に勝負強い。現時点でも互角と言ってよいかもしれない。ただし、経験・実績のある甲斐選手に代わるには、打撃をさらに向上させるのが対抗手段となる。捕手のいない球団だったら☆5つだったが、甲斐選手が年齢もまだ若い事から、ずっと2人で競っていく形になるかも。

ドラフト3位・津森宥紀選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

サイドハンドからの球の強さとインコースへの攻めは、1年目から通用する。今年の甲斐野投手に次ぐような働きを期待しても良い。ただし、今年は昨年の疲労により思うようなピッチングができていなかった。1年目はルーキーとしてのやる気で良い成績を残すが、2年目にその反動が出ないか気になる。個人的に1年目は先発として起用し、2年目から本格的にリリーフでという起用しても良いかなとも思う。先発としてはなかなか結果が出せないかもしれないが、長い目で見れば。

ドラフト4位・小林珠維選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

体に恵まれ、パワー十分の選手。内野手としてスラッガーになるためにほぼ1からのスタートとなりそうで、3軍で経験する事になりそうだ。2,3年目くらいの今の砂川選手の様に注目され、そこから勝負が始まる。守備面でどれだけ警戒に動けるかがポイントか。

ドラフト5位・柳町達選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

対応力が高く、成績を安定して残す能力に優れており、1年目から100試合くらいに使って打率.265くらいを残せそうな選手だ。長打も秘めるが巧みな打撃と足を駆使し、もし今年の様に外野手の主力のけがが多い状況だったらレギュラーを掴むかもしれない。外野手の3人目から4人目の候補として起用されるような感じだが、3人目まで必ず入れるようなレベルの選手になるために、対応力と安定力以外の爆発力も手にしたい。

育成ドラフト1位・石塚綜一郎選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

今年は投手として登板が多かったため、捕手としての能力がなかなか見せられなかったが、強肩と強打では支配下で指名されてもおかしくない選手だった。体もあり3年目には首脳陣の目を惹く捕手となっていそうだ。

育成ドラフト2位・大関友久選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

大ブレークを期待できるのはこの投手か。大きな体からの150キロ近い球を投げる左腕で、この秋も終盤には良い球を投げており、来年、キャンプなどで首脳陣が驚いて、6月までに支配下登録に入ってくるかもしれない。

育成ドラフト3位・伊藤大将選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

能力とパワーで思い切りの良いプレーをする近藤遼一選手や武岡龍世選手などがいるチームで、守備と打撃の安定さで、チームを支えてきた二塁手。3拍子揃う安定感が今度どのどうに成長していくか。

育成ドラフト4位・勝連大稀選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

ショートとしての守備の良さと足があり、一定の評価は受けそうで、後は課題の打撃がどのように伸びるかがポイント。

育成ドラフト5位・舟越秀虎選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

俊足は高校生トップクラスの評価で、その足でアピールし、高い身体能力で技術を付けていけるか。

育成ドラフト6位・荒木翔太選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

体の大きさがあり打撃の良さは評価が高く、スイングのすばらしさは目を惹く。足でもアピールできる選手で少しでも成績を残せば上に行ける選手。

育成ドラフト7位・村上舜選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆

奪三振率の高い左腕で、特徴のあるキレや動く球がある。体を作ることでその球が140キロ中盤くらいになった時の大化けを期待されている。

福岡ソフトバンクホークスのドラフト会議メインページ
福岡ソフトバンク、過去のドラフト指名一覧


PAGE TOP