福岡ソフトバンク・永井スカウト部長、辻田旭輝投手、米田天翼投手、小久保快栄選手など評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクの永井編成育成本部長兼スカウト部長が、センバツに出場した選手の評価を行い、クラーク国際の辻田旭輝投手、市和歌山の米田天翼投手、明秀日立の小久保快栄選手などを評価した。

スポンサーリンク

個人的に好きなタイプ

永井氏が「個人的に好きなタイプ」と挙げたのが市和歌山の米田天翼投手とクラーク国際の辻田旭輝投手の二人の投手で、米田投手は「体全体を使って力が出せる」と評価、辻田投手は「粗削りですけど伸びしろを感じる」と話した。

また、大島・大野稼頭央投手は「腕がしっかりと振れる。体ができてくればもっと球速が出るし、今後が非常に楽しみ」と評価したほか、近江の山田陽翔投手も「良い変化球を投げる。体力をつけて球威が上がれば、プロでも意外に早く活躍できるかも」と話した。

明秀日立の猪俣駿太投手についても「体の割にまだ球速は出ないが、体のポテンシャルを見ても、急にグッと成長してくるタイプだと思う。プロでも先発や中継ぎと色々な可能性が見出せる」と評価したほか、天理の南澤佑音投手も「内角の制球の精度を上げれば、得意のスライダーがもっと生きてくる」と評価した。

他にも星稜のマーガード真偉輝投手について「もっと荒々しいかと思ったら、意外に器用。球を微妙に動かしてうまく打ち取っていける」と話し、山梨学院の榎谷礼央投手についても「スライダーの曲がりが遅いのが非常にいい」と評価した。

野手

野手では遊撃手として、浦和学院の金田優太選手、天理の戸井零士選手について、「今の段階では抜群ということではないが、今の野球界のトレンドにピタリとハマる」と話し、大型化の傾向にある二遊間の選手のトレンドと話した。

広陵の内海優太選手には「好打者。これから相手のレベルが上がっていくなかでどういうバッティングができるか興味がある」と話し、大阪桐蔭の松尾汐恩選手も「捕手として見栄えがする。彼がもし大阪桐蔭以外のユニフォームを着ていたら、一人だけ飛び抜けてるぞとなる素材」と話した。

また、小久保2軍監督の甥の明秀日立の小久保快栄選手について、「もう少し体ができれば、打撃も守備ももう一段レベルが上がる」と評価し、成長を期待した。

2年生では九州国際大付の佐倉侠史朗選手について、「低い姿勢からの力強い打撃が、西武の森友哉にそっくり」と評価、広陵の真鍋慧選手を「体のキレが出てくれば、飛距離ももっと出る」と評価、花巻東の佐々木麟太郎選手については「今回は手術明けで結果は度外視。素材として間違いない。今後も見続けないといけない」と話した。

2022年センバツ高校野球大会の対戦カードと注目選手
3月18日に開幕するセンバツ高校野球大会、初日の対戦カードと注目選手です。

Sh永井スカウト部長PICK UP センバツの逸材たち - 西日本スポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント