浦和学院・宮城誇南投手が7回10奪三振無失点、ロッテ・日本ハムスカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

浦和学院の宮城誇南投手が、1回戦の13奪三振完封に続き、この日も7回10奪三振の投球を見せてベスト8進出を決めた。

スポンサーリンク

真っ直ぐが成長している

宮城誇南投手は、1回戦の大分舞鶴選手で9回2安打13奪三振で完封勝利、強いストレートとカーブ、スライダーを投げ分ける投球を見せていた。

この日の2回戦・和歌山東戦では、立ち上がりからマウンドの感触が悪かった、と話したものの、1、2回はセットポジションで感覚を合わせ、3回からは本来のノーワインドアップで投げた。「悪い中でも試合で修正しながら投げるのは、去年から完投させてもらう機会が増えて、少しずつ覚えることができた。その成果が少しはできた」と話した。

この日も7回2安打10奪三振で無失点、2試合連続の2桁奪三振と無失点を記録した。この投球に、プロのスカウトも高評価をしている。

千葉ロッテ・榎スカウト部長:「以前より真っすぐが成長している。カーブ、スライダーに切れがあり低めに集める投球のうまさがある。OBの小島に雰囲気とスライダーの軌道が似ているね。」

北海道日本ハム・大渕スカウト部長:「球速は出ていないが、ベース上での球の切れがある。場慣れしている感じもあるし、投球のメリハリもあった。」

昨年のセンバツでは東海大相模の左腕・石田隼都投手が29回1/3を投げて45奪三振を記録し優勝投手となっている。浦和学院では同じく左腕のエースだった小島投手が2年時の2013年のセンバツで優勝をしており、宮城投手もプロ入りをした2人の左腕に並べるか注目される。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
浦和学院8強一番乗り 宮城誇南、試合中にフォーム修正し7回2安打10K!2試合計16回零封 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦1試合、2回戦2試合が行われた。浦和学院(埼玉)は、エースの宮城誇南(3年)が7回無失点、10奪三振で、2戦連続2桁奪三振の快投。7―0で和歌山東を下し、8強進出を決めた。九州国際大付(福岡)は4―1で広陵(広島)を破り8強入り。1回戦最後のカードは大阪桐蔭が3―1で鳴門(徳島)を下した。

▼ロッテ・榎康弘スカウト部長 以前より真っすぐが成長している。カーブ、スライダーに切れがあり低めに集める投球のうまさがある。OBの小島(ロッテ)に雰囲気とスライダーの軌道が似ているね。

 ▼日本ハム・大渕隆スカウト部長兼GM補佐 球速は出ていないが、ベース上での球の切れがある。場慣れしている感じもあるし、投球のメリハリもあった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント