埼玉西武、駒大・白崎浩之選手も1位候補に、福岡ソフトバンクは外れ1位に東福岡・森雄大投手

駒大, 森雄大, 東福岡, 白崎浩之

 大谷翔平投手のメジャー挑戦を受け、埼玉西武はノーコメントとしながらも、駒大・白崎浩之選手を1位候補にしたとスポーツニッポンが報じている。また、福岡ソフトバンクは外れ1位で地元の森雄大投手をリストアップした。

 埼玉西武は昨日もNTT西日本・梅津正隆選手、立命大・金子侑司選手といった内野手をリストアップ、さらに駒大・白崎浩之選手をリストアップしたということで、藤浪晋太郎投手、東浜巨投手といったエース候補と共に、即戦力内野手を補強ポイントにしているようだ。FAでのメジャー移籍が予想される中島選手の抜ける穴を埋める選手が欲しい。

 また福岡ソフトバンクは、ドラフト1位指名を亜大・東浜巨投手を軸とし、外れ1位で東福岡・森雄大投手をリストアップした。元々東浜巨投手には高校時代からマークを続けており、大学でも常にコメントを出すなど高い評価を続けていた。

 しかし、東浜巨投手にも横浜DeNAや広島など、指名が集中してくると見られ、森雄大投手も外れ1位で阪神や広島などの指名重複が予想される。これから指名シミュレーションを行い、最終的な1位指名を決める。

 

  • 内野手(高校・大学・社会人)のドラフト候補一覧!
  • ドラフト上位候補、指名重複マトリクス
  •  

      ドラフト4日前の大谷の決断に、国内球団はドラフト戦略の見直しを迫られることになった。

     

     競合数が増えることを嫌って一本釣りを狙う球団も出てくることが予想される。西武は鈴木葉留彦球団本部長が「ノーコメント」としたが、大型内野手の白崎(駒大)が1位候補に急浮上した。

    ソフトB、外れ1位は東福岡・森が筆頭 - デイリースポーツ:2012/10/22

     ソフトバンクは、花巻東・大谷翔平投手(3年)のメジャー挑戦表明を受け、25日のドラフト会議では1位指名に亜大・東浜巨投手(4年)を軸とすることが21日、濃厚となった。外れ1位には地元・東福岡高の左腕・森雄大投手(3年)が筆頭候補になる。東浜、大谷を1位最有力候補にしていただけに、石渡茂編成・育成部長は「(大谷のメジャー挑戦で)練り直しというか、真っ白な状態」とした。今後は他球団が方針転換する可能性も踏まえ、会議直前に最終判断する。


PAGE TOP