埼玉西武・相内誠投手が新人合同自主トレへ

埼玉西武ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 2012年の埼玉西武・ドラフト2位、相内誠選手が、今年の新人合同自主トレに参加する!?

 

昨年12月4日

 昨年のドラフト会議で埼玉西武から2位指名を受けた相内誠投手、2012年11月15日に契約金7000万円、年俸700万円で仮契約を結んだのだが、12月4日にアクアラインを無免許で自動車を運転していたところを検挙され、その後3月に入団発表が行われるまで、自宅で謹慎をしていた。

 その後、8月にようやく交流戦で登板したが、大幅に出遅れる事となり、キャンプにも参加していないことから、今年のキャンプが初となる。相内投手は「今年は参加していないので、その分もしっかり練習したい」と話し、新人合同自主トレに参加して体力強化を図るとのことだ。プロ入り前の数ヶ月間を失ってしまった事は大きかったが、それを取り戻すためにウインターリーグにも参加が決まるなど、充実した練習を行っているのではないかと思う。

 

森友哉選手と合流

 埼玉西武のドラフト1位・森友哉選手も中学時代のやんちゃしていた時期の写真が流出したりして多少心配したりもするが、野球に取り組む姿勢も森選手も相内投手も共通して真面目で大丈夫だと思う。

 また合同自主トレではドラフト6位で森選手の大阪桐蔭の先輩に当たる、岡田雅利捕手(大阪ガス)もいるし、社会人でベテランの豊田拓矢投手もいる。二人には森選手、相内投手をしっかり見ていて欲しい。(余計な心配ですが)

【西武】相内、来年こそ新人メニュー! - スポーツ報知:2013/12/1

 西武の相内誠投手(19)が30日、“2年目の新人合同自主トレ”を行う珍プランを明かした。昨年12月に無免許運転や速度超過の疑いで千葉県警に摘発され、1月は、ほかのルーキーが合同自主トレを行っていた頃、相内は無期限謹慎中。入団は今年3月にずれ込んだ。それだけに「今年は参加していないので、その分もしっかり練習したい」と、新人と同様のメニューをこなし、体力強化を図る。

 来季からは登録名を「誠」に変更する右腕は、オーストラリアのウインターリーグに参加するため、1日に渡豪する。2年目の飛躍へ、年明けは初心に帰って“新人トレ”で汗を流すことになる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント