埼玉西武ライオンズのドラフト直前情報

埼玉西武ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

埼玉西武のドラフト直前情報をまとめます。

競合微妙と判断

 前日のスカウト会議では既に公表している前橋育英・高橋光成投手のドラフト1位指名を確認、抽選は「微妙だと思っている」と単独指名の可能性もあるとみている。

 渡辺SDも「能力の高い選手、とにかく交渉権を得たい」と話した。(日刊スポーツ朝刊)

 

健大高崎・脇本直人選手を指名へ

 ドラフト1位の高橋光成投手と幼馴染の健大高崎・脇本直人選手もリストアップをしているとスポーツ報知。4位あたりでの指名となりそう。

 また育成も含めて全体で6人程度の指名。補強ポイントの左腕では、平成国際大・佐野泰雄投手、日大・戸根千明投手、中大・島袋洋奨投手が候補に。

 

敦賀気比卒の玉村祐典投手を指名へ

 また西武は隠し玉として敦賀気比を昨年卒業していた玉村祐典投手を指名する方針であることが分かった。玉村祐典投手は2013年のセンバツで4番手として登板、その後も春季北信越大会では延長14回を一人で投げ抜き2失点で完投勝利を挙げるなと活躍をしていた。

 180cmの長身から146km/hの速球を投げる投手として注目されていたが、亜細亜大への進学を決めていた。しかし亜細亜大には入学せず、現在は福井市内でトレーニングを続けているという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント