埼玉西武が新人選手の入団発表、選手の評価と戦力アップ分析

埼玉西武ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

埼玉西武が2017年のドラフト会議で指名した8選手の入団発表を行った。選手の紹介とチーム戦力のアップ度を予想してみる。

埼玉西武2017年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打契約金年俸背番号
1斉藤大将明治大178cm75kg左左10000150019
2西川愛也花咲徳栄180cm78kg右左700070051
3伊藤翔四国IL徳島177cm72kg右右500060036
4平良海馬八重山商工173cm84kg右左400060061
5與座海人岐阜経済大173cm74kg右右300070031
6綱島龍生糸魚川白嶺178cm72kg右左150050063
育1高木 渉真颯館180cm77kg右左300300121
育2齊藤誠人北海道教育大岩見沢180cm89kg右左400300122

新人選手の特徴

ドラフト1位 斉藤大将投手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

左の横から投げる貴重な投手、大学4年秋は粘れるフォームとなり、先発でも勝てる投手となった。大学3年時まではリリーフとしても実績があるが、チームは少ない左のローテーション候補と考えている。1年目から5勝くらい挙げられそうで、帆足投手のような役割になるか。

ドラフト2位 西川愛也選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

天才的な打撃と足があり、背番号51はぴったり。投げるときに使う筋肉を痛めており、1軍はそれが治ってから。外野も選手の層は厚い埼玉西武だが、次世代の外野手候補&主軸または1番候補として期待できる。

ドラフト3位 伊藤翔投手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

横芝敬愛高校から1年目でのプロ入りを目指し、1年目で152キロの速球と多彩な変化球を投げ、チームに独立リーグ優勝をもたらした。年齢もまだ18歳で若く、さらに成長も期待できる。低めへの角度ある球もある。

ドラフト4位 平良海馬投手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

最速154キロ、またはそれ以上も出ているという投手。離島という事もあり試合経験はまだまだ少なく、3年夏の大会でも初戦で敗退。本当の素材型投手。どのように育っていくのか、期待も不安も大きい。

ドラフト5位 與座海人投手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆

アンダーハンドの投手で、しっかりと腕を振った130キロ前後の速球と110キロ台の変化球で勝負する。コントロールは安定しており、リリーフの場面で抑える。リリーフとして変則フォーム投手として期待したい。

ドラフト6位 綱島龍生選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

50m6.0秒、遠投110mの強肩で身体能力の高い選手、遊撃手としての守備も評価がある。打撃は長打が打てるようになり3番を打つが、まずは能力を生かすための技術を磨いてゆきたい。

育成ドラフト1位 高木渉選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

投げては146キロ、打っても27本以上のホームラン、そして50m5.9秒の足もあり、抜群の身体能力とパワーを持つ選手。成長に大いに期待したい。

育成ドラフト2位 齊藤誠人捕手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

リーグ2部で3年時に首位打者となり、またセカンドまで1.75秒という強肩でプロ入り、スカウトもプロに入れば化ける」と評価した捕手。強肩でコーチ陣の目を捉え、支配下の道を掴みたい。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

即戦力では欲しかった左の先発候補を獲得、雄星投手がいる間に左ももう一枚として、ローテーションでの地位を確立したい。また3位の伊藤投手も終盤に出てきて5勝くらいする勢いのある投手で、高橋光成投手などと争える。5位の與座投手もアンダースローで重宝されるかもしれない。

将来性では西川選手は期待したい。打撃センスと走塁のセンスが非常に高く、次世代の外野手として確実に育ててゆきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント