東京ヤクルトが新人選手の入団発表、選手の評価と戦力アップ分析

東京ヤクルトが2017年のドラフト会議で指名した8選手の入団発表を行った。選手の紹介とチーム戦力のアップ度を予想してみる。

東京ヤクルト2017年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 村上宗隆 九州学院 187cm95kg 右左 8000 720 55
2 大下佑馬 三菱重工広島 179cm83kg 右左 7500 1200 15
3 蔵本治孝 岡山商大 185cm95kg 右右 5000 800 22
4 塩見泰隆 JX-ENEOS 179cm77kg 右右 4500 1000 9
5 金久保優斗 東海大市原望洋 183cm74kg 右左 2700 500 48
6 宮本丈 奈良学園大 183cm78kg 右左 3000 800 39
7 松本直樹 西濃運輸 177cm82kg 右右 3000 900 32
8 沼田拓巳 BC・石川 184cm87kg 右右 1000 600 53

新人選手の特徴

ドラフト1位 村上宗隆選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

逆方向にも長打の打てる長距離砲で、清宮、安田に次ぐスラッガー。サードで育てるという事で1年目はまずはサードで2軍フル出場で経験を積みたい。ファームでホームランを20本近く打てれば将来の4番として期待が高まる。期待の和製大砲。

ドラフト2位 大下佑馬投手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆

最速150キロ右腕、先発もできるがリリーフで好投の印象が強い。力強い球を投げ変化球のコントロールもよく、チームの投手陣の事情もあり1年目から登板機会は多そう。そこでリリーフエースとしてポジションを確保してしまいたい。

ドラフト3位 蔵本治孝投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

大学では軽く投げてるように見えても140キロ終盤を記録する。投球フォームに課題が多く、素材型の投手ではあるが、秋のリーグ戦では素晴らしいピッチングを見せてスカウトの目に留まった。1年目から投げてくるかもしれないと期待もしている。

ドラフト4位 塩見泰隆選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

1番センターのポジションはヤクルトの補強ポイントで、今年は塩見選手を獲得。今シーズンは坂口選手がピタリとはまったが、ベテランという事もあり、ポジションを狙いたい。50m5秒台の足にセンスある動きを見せる守備で、山崎選手などとセンターの座を争う。

ドラフト5位 金久保優斗投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

2年時にチームのエース格として投げ、コントロールも安定したピッチングを見せていた。今年はフォームのバランスを崩したのか制球に課題を見せたが、持っている素質も、そして中学時代からの実績も十分。プロの選手の中でも成長をしていけると思う。

ドラフト6位 宮本丈選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

ショートはヤクルトの課題の一つだが、広岡選手、奥村選手と若い有望な選手が争いをしているポジションでもあり、厳しい競争が予想される。安定した守備力で宮本ヘッドの目に留まり、起用され続ければ打撃成績も挙がってくると思う。まずは守備からレギュラーを獲りたい。

ドラフト8位 松本直樹捕手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

社会人屈指の強肩捕手で、大学卒2年でプロ入りとまだ若い。中村捕手などのバックアップの役割としてはすぐにもできそうな印象だが、打撃を磨いて行って正捕手の座を争いたい。

ドラフト9位 沼田拓巳投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

がっしりとした体から151キロの力のある球を投げる。プロ1軍レベルのコントロールを身につけて勝負したい。投げっぷりの良さと球の力があるので、1年目から少し投げるかもしれない。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆

即戦力としては、大下投手、塩見選手、宮本選手とリリーフ投手や、各ポジションを争っていく選手を獲得し、1年目から出場機会もあり働きを見せると思うが、チームを大きく変えていくという所までいくかどうか。

そうなると1位の村上選手、3位の蔵本投手、5位の金久保投手と、3年目くらいが楽しみな選手が多い。村上選手がチームの主軸を打つ選手になれば、大成功ドラフトといえる。


PAGE TOP