西武ライオンズのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は埼玉西武編

埼玉西武

〇タイプ:育成型
〇監督:内野手出身、攻守バランス型
〇決定者:渡辺久信シニアディレクター兼編成部長、鈴木葉留彦球団本部長
〇補強ポイント:先発投手、左投手、リリーフ、大砲候補
〇近況:鈴木葉留彦球団本部長が、「ずっとうちの補強ポイントだから」と投手中心を明言

埼玉西武はFAで選手が流出するチーム。片岡選手、涌井投手、岸投手、そして今年も野上投手が抜け、先発ローテーションの投手が抜け続けている。チームメンバーを見ると、中村、浅村、栗山、菊池、炭谷、森と高校生の育成と、秋山、源田、山川、外崎と大学生・社会人の選手がバランスよくいる。投手も多和田投手、高橋光成投手など即戦力と高校生を組み合わせる。

近年は2016年・今井達也投手、2014年・高橋光成投手、2013年・森友哉捕手とドラフト1位で高校生を指名し、また、2位でも中塚駿太投手、川越誠司選手、西川愛也選手など、現在のポジションに関係なく、素質の高い選手を獲得しチームで育てていく形となっている。2017年はさらに伊藤投手、平良投手と素質型の選手を続けて指名した。

補強ポイントとしては、やはり投手が挙げられる。昨年は清宮、安田などに興味を示しながらも、最終的にはチームの補強ポイントを最優先にし、左腕先発の田嶋大樹を指名、抽選に外して、安田選手などが残っている中でも斉藤大将投手と左投手獲得にこだわった。野手陣に比べて投手陣に課題があることはかなり指摘され、特に11勝の野上投手が抜けたほか、16勝の菊池投手もメジャー移籍の夢がある。

リリーフ陣も外国人頼りというところもある。シュリッター投手、牧田投手の二人が抜け、大きな穴となっている。また増田投手がリリーフエースとなっているが、絶対的な投手が欲しいという声もある。投手獲得は待ったなしの状況だろう。

野手は愛斗選手、鈴木将平選手に、昨年ドラフト2位の西川選手が内野手登録となり、これからも続々と出てきそうな予感をさせる選手が補強されている。ただしタイプ的には三拍子そろったタイプの選手で、山川選手が育った今、大砲候補の素質を持った選手を獲得したい。

ドラフト候補は

今年も投手中心となる。素質の高い投手が候補に多いので、かたっぱしから獲得していくイメージで、先発右腕ならは法政大・菅野秀哉投手、東洋大・甲斐野央投手、日体大・松本航投手、国学院大の清水昇投手、関西大・山本隆広投手、Hondaの齋藤友貴哉投手、NTT東日本の堀誠投手、パナソニックの吉川峻平投手から最低一人を獲得したい。

先発左腕ではOBの多い富士大の鈴木翔天投手、八戸学院大・高橋優貴投手や、星槎道都大の福田俊投手、上武大・寺沢星耶投手、Honda鈴鹿の平尾奎太投手、日本生命・高橋拓巳投手、地元埼玉でセンバツ優勝投手の早稲田大小島和哉投手、そして故障から復帰中の法政大・森田駿哉投手などもカバーし、最低でも一人は獲得したい。

リリーフでは日体大・東妻勇輔投手、立正大の釘宮光希投手、日本通運の生田目翼投手、JX-ENEOSの鈴木健矢投手、左澤優投手などから一人は獲得したい。

また地元では埼玉栄の米倉貫太投手や、浦和学院の佐野涼弥投手、渡邉勇太朗投手といった楽しみな投手がいる。

一方、野手では主軸を打てる候補としては、地元の花咲徳栄・野村佑希選手や、智弁和歌山の林晃汰選手、健大高崎の山下航汰選手、横浜の万波中正選手、東海大相模の森下翔太選手などがいるが、上位は投手で占められると思うので、中位から下位で明豊の浜田太貴選手や中京大中京の沢井廉選手などを獲得できたらおもしろい。

根本氏がいた頃だったら、ドラフト上位候補の即戦力投手を3~4人を獲得しつつ、さらに、地元の高校生の獲得を図ったかもしれない。投手補強については待ったなし、かなりきわどい事をしてでもドラフト上位候補クラスの投手を3~4人は獲得したいところ。

埼玉西武ライオンズのドラフト会議ページ


PAGE TOP