西武ドラフト6位、タイシンガーブランドン大河選手が仮契約、右の強打&三塁手は1位・渡部選手とそれほど差は無し

2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、ドラフト6位で指名したタイシンガーブランドン大河選手と、契約金3000万円、年俸700万円で仮契約を交わした。大学屈指の三塁手として、昨年の時点ではドラフト1位で指名された渡部健人選手とは、そんなに差はなかった。

スポンサーリンク

サードで

タイシンガーブランドン大河選手は沖縄・石川高校時代に、全体で行われた体力計測で好成績を残し、巨人などが注目をしていた。東農大北海道オホーツクに進むと、1年時はレフトで出場し、大学野球選手権でも4番で出場をした。1年生での4番は珍しかったが、この大会で、桐蔭横浜大の渡部健人選手も1年生で4番として出場をしていた。

大学3年になると、ブランドン選手は3番サードとしてチームの中心バッターとして出場、城西国際大戦で3ランホームランを放つなど、ベスト4進出を果たした。2回戦の2019年6月12日には神宮球場の2戦目で桐蔭横浜大の渡部選手が6番サードで出場、次の3回戦でブランドン選手が出場しており、ニアミスをしていた。

そして今年、ドラフト会議では渡部選手が1位指名、ブランドン選手が6位で指名された。渡部選手は秋のリーグ戦で8本塁打を放ち、一気に評価を挙げた形となった。

ドラフト時での評価の差は大きく開いた。しかし、強打の右の三塁手を2人獲得したということは、渡部選手が獲得できなかったときは、ブランドン選手を指名すると決めていたのだと思う。高く評価していた選手が6位まで残っていたので、こちらも指名しようという流れは、DeNAでも見られた。

強力なライバルがいるなかで、プロでプレーできる。渡部、ブランドンの二人の競争に注目したい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
西武6位・ブランドン 対戦したい投手はソフトB・千賀「ずばぬけていた」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 西武からドラフト6位で指名を受けた東農大北海道オホーツクのブランドンが東京・世田谷キャンパスで契約金3000万円、年俸700万円で仮契約した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント