西武ドラフト2位・古川雄大選手が契約金7000万円、年俸750万円で仮契約

2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武はドラフト2位で指名した佐伯鶴城の古川雄大選手と、契約君7000万円、年俸750万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

「柳田選手を超えるバッターに」

古川雄大選手は仮契約を交わし、「ソフトバンクの柳田悠岐選手を越えるバッターになってトリプルスリーや三冠王を取りたい」と抱負を述べた。

古川選手の特徴といえば、185cm91kgの体があり、長打力も抜群ながら、この体で走る姿がにものすごいバネがあり、ポンポンと跳ねて走っていくような所で、将来、とんでもない選手になりそうな感覚がある。

指名あいさつ時に埼玉西武の潮崎ディレクターも「スケールの大きさにほれた。走る、打つ、守るのすべての面で大きな選手になると思っている。球界を代表する選手になってほしい」と話しており、2位指名という高い評価となった。

この選手が出てくることが、埼玉西武の将来につながると行ってもいいような、そういう選手になりそうだ。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
埼玉西武ライオンズのドラフト指名予想
埼玉西武ライオンズ公式ページ 埼玉西武ライオンズ掲示板 埼玉西武ライオンズの過去のドラフト指名一覧 埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
ドラフト会議で西武から2位指名 古川雄大選手が仮契約|NHK 大分県のニュース
先月行われたプロ野球のドラフト会議で、西武から2位で指名された佐伯鶴城高校の古川雄大選手が10日、球団と仮契約を結びました。 古川選手は、…
西武ドラ2・古川 強打生かし「3冠王やトリプルスリーを獲れる選手に」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 西武ドラフト2位の佐伯鶴城・古川が大分県内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸750万円で合意した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント